ついに出た!予算不足に悩むボリビアのカーニバル実行委員会

文化・社会
スポンサーリンク

Oruro_Bolivia_Carnaval.jpg

ボリビア、オルーロのカルナバルがピンチの状態に陥りました。
なんとプロモーション活動するための予算が足りないというからメディアが大騒ぎ。

ユネスコ無形文化遺産に登録されているオルーロのカルナバルは、国内きっての催しです。2011年3月にオルーロ市街でパレードが行なわれる予定だけれども、予算不足の事態をどう乗り切るのでしょうか。

予算が足りない

予算不足を明らかにしたのは主催するオルーロフォルクローレ協会(ACFO)。
通常、前の年の9月から、ACFOとオルーロ市、国の文化省はプロモーション活動を本格化させる。
国外で行なわれる観光見本市などにも積極的に参加し、アピールをしてきた。

しかし今年、予算が厳しい関係で、このプロモーションが影響を受けている。
このカルナバルは、ボリビアの古来の文化と現在の融合を内外に示す、大きな機会だ。
ACFOは国や各方面に対し、プロモーションを行なうための協力を求めた。

カルナバル、予算不足|アンデスから始めよう

今後どのような展開をするのか楽しみです。
祭り好きなラティーノが中止の決断をするとは思えないし。

参照:Falta de presupuesto no permite promoción y difusión del Carnaval 2011

コメント

タイトルとURLをコピーしました