ポッドキャストに出演しました!
お問い合わせに関して

当ブログの管理者は、現在、怪我の療養中です。記事の更新や各種お問い合わせへの対応に遅れが出ております。

現時点においてはTwitter DMで対応しておりますので活用いただけますと幸いです。

Twitterで問合せ

インターネットの充実でスペイン語学習がどんどん楽しくなった

テクノロジー

Internet_y_espanol.jpg

技術の進歩にはいつも驚きます。

とくにインターネット界隈は目覚ましいくらいの早さで進化していて、とくに映像コンテンツや音声情報などの入手の容易さについては劇的に変化してきました。もう開いた口が塞がらないくらい充実してる。

あっちの国で放送されたニュースが、その日の数時間後に動画共有サイトにアップされたり、そっちの国で掲載された新聞記事が、ほとんど同時にウェブ上で確認できたりと、スペイン語を日本にいながら継続学習する僕には有り難すぎるくらい充実した環境になりつつあります。

今回は、インターネット界隈の進化によって、僕のスペイン語学習がどのように変化したのかについて考えてみます。

YouTubeの映像コンテンツが驚異的な充実ぶり

youtube_aprenda_es.jpg

何と言っても「YouTube」の登場が一番影響の大きな出来事ですね。今じゃGoogleがYoutubeコンテンツのすべてを管理し、より充実した内容とサービスを展開しているので、スペイン語を取りあえず聞きたい僕の要求には十分応えてくれています。

参照:Youtubeで中南米地域のコンテンツを見る|youtube.com

YouTube以外にも、ストリーミング形式で様々な映像や音声のコンテンツを視聴できるサービスが続々と出てきています。特に次ぎに紹介するアプリケーションやウェブサービスは僕のスペイン語学習をさらに楽しくしてくれそうです。

Boxeeでスペイン語の映像を楽しく閲覧

boxee_screenshot.jpg

この「Boxee」というダウンロード型のアプリケーションは、インターネット型のテレビとして進化しようと様々なプロジェクトが進んでいるみたいです。僕にとっては技術的な話はともかく、無料で色々楽しめることが何よりもうれしい事だったりします。

boxee-screenshot.jpg

こんな感じて直感的に操作できる所がいいですね。
YouTubeやPandoraも閲覧できます。なので、スペイン語のニュースとかちょっとした映像を楽しんでみたり、ネット上から「○×」して入手したスペイン語の映画を楽しんだりできます。

Boxeeでは、映像だけでなく音楽や写真コンテンツの視聴も可能となっており、コンピュータ内に保存したiTunesデータや写真データをスタイリッシュな形式で楽しめるようになってます。

参照:Boxee|boxee.tv

MySpaceでラテンアメリカの芸能情報をゲット

ソーシャルネットワーク系のウェブサービスとして世界中で展開する「MySpace

wikipediaでは以下のように説明されています。

MySpace(マイスペース)は、世界中に会員が存在する大規模なコミュニティ・サイトである。会員に対し、個々のプロフィールページ、ブログ、共通の話題を持つユーザと交流するグループ、音声ファイルや画像ファイルの公開、会員間でのメールの送受信など会員同士の親交を広げるサービスを提供している。

で、このMyspaceにラテンアメリカの有名人が数多くアカウントを解説しているんですよね。日本で言う「Amebaブログ」のような感じです。

例えばAlejandro SanzとかLuis Miguelなどのページがあります。

Alejandro Sanz
alejandro_sanz_myspace.jpg

Luis Miguel
luis_miguel_myspace.jpg

僕はもっぱらレゲトンアーティストのページを見たりして、新しい音楽の情報収集したりしています。ブログみたいに文字情報も結構スペイン語で記載されているんですけど、日本の有名時ブログと同様で内容が今ひとつなのであまり読んでいません(涙)

ラテンアメリカの芸能や音楽に興味があれば是非チェックしてみてください。

参照:MySpace

USTREAMの登場でストリーミング放送で語学学習できますよ

USTREAM_screenshot.jpg

個人で映像の生放送が簡単にできる時代になりましたね。そのきっかけとなったのがこの「USTREAM」です。もう、テレビ以上に世界の生放送を自宅のパソコンで楽しめるようになりました。

あ、そうそうチリで起こった落盤事故のニュース映像もUSTREAMで配信されてましたね。
もう、テレビ以上の力を持っているウェブサービスです。

スペイン語学習を題材にした映像を放映しているコンテンツも存在してるみたいですよ。
放送時間が決まっているようなので豆にチェックしてみると良いでしょう。

内容については未確認です。情報提供待ってます!

参照:USTREAMでスペイン語学習|ustream.tv

日本で唯一のスペイン語新聞もウェブ版のみに移行しましたよね

international_press.jpg

内容も特色があって好きだったのに、突然の休刊(っていうか廃止)
年間購読していましたが、強制的に解約&返金という次第に。

今ではインターネット版の「International Press」がありますが、正直これではラテンアメリカ諸国で発行されている新聞社のウェブサイトに劣るんですよね。ホント残念。っていうか時代の流れなんでしょうね。

今じゃ、廃品回収に持って行かれそうだった過去記事を大切に保管し、時々眺めているのです。
再会してくれないかなぁって願う今日この頃です。

参照:International Pressスペイン語版|ipcdigital.com

追記

こうやってインターネットでの情報が充実してくると、最後に紹介したような「紙媒体」の情報ツールは生き残りに苦戦するみたいですね。寂しい事ですけど。情報の伝達スピードではインターネットにはかなわないですからね。

今回紹介したようなサービスがより充実した内容で展開される事には大いに賛成なんです。それは、コンテンツそのものが楽しくなるし、何よりも「学習=苦痛」という今までの僕個人の偏見が払拭できるからです。

インターネットの充実で僕のスペイン語学習の環境が変化し、どんどん楽しくなってほしい。

でも、紙媒体の資料がどんどん減少してしまうのはなんだか寂しい気持ちになります。だって、スペイン語学習という観点からは、本当は紙媒体の資料の方が圧倒的に有益な事が多いです。手で直接書き込めるし、切り抜きできるし、ディスプレイの文字を見るよりも疲れにくいですからね。

忘れちゃならないっていつも思うのが、僕らは、これらのサービスの末端の利用者であること。

だからこそ、紙媒体の情報誌にしても、インターネットのサービスにしても、どのように支持すべきなのか問われていたりするんです。影響力はありませんが、より良い形で今回紹介したような素晴らしいサービスが残るよう、見守っていこうと思います。

スポンサーリンク
テクノロジー学ぶスペイン語
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
プロフィール
このブログの管理人です
あれはんどろ

スペイン語とラテン文化の話で盛り上がってくれる人を大募集。ブログ更新よりも、ツイッターでいろんな人と絡み合うのにもっぱら夢中。

あれはんどろをフォローする
スペイン語を楽しく身につけよう!
スペイン語表現力トレーニング

スペイン語の表現力を鍛えることで、言葉の個性を演出することができるようになります。より深い話をスペイン語で実現するためのヒントが満載の一冊。

日本語から考える! スペイン語の表現

あの表現は、スペイン語でどのようにいい回すのか。

日本語で考え、スペイン語でどう伝えるのか表現方法を覚える。シンプルなことだけど、スペイン語を学習する日本人にとって非常にありがたい参考書の一つです。

スペイン語学習のヒント

コメント

  1. Venceremos より:

    ネット上で公開している新聞社も多いので便利ですよね!
    僕はキューバですが。。。。w毎日、ニュースサイトCubaDebate観てスペイン語の勉強にも役立ててます。時事ニュースを読んでいるとワクワクしてスペイン語を学ぶ士気も上がりますね。

  2. 管理人 より:

    いつもありがとうございます。
    ネット上で記事を公開している新聞社は、多いというより最近じゃほぼ全ての新聞社が対応していますよね。やっつけ仕事的な記事なんですけど、個人的に愛読していた新聞社のウェブ版を過去に集めたものがあったりします。
    http://n23.blog91.fc2.com/blog-entry-472.html
    実は最近は、時間がないのを言い訳に、めっきり読んでいないんです。読む気になれないというか、ネット上で公開されている記事タイトルに興味がわかないものばかりなんですよね。なんでかなぁ。
    一部の新聞社は、現地で販売しているタブロイド判の第一面を公開しているのもあって、そちらの記事の方が危なっかしい事件の写真とか、生々しい事件の写真とかが掲載されていてワクワクしてしまうんです。やっぱりウェブには掲載できないってことなんでしょうね。