チリ鉱山の落盤事故、33人地下で17日間生存

中南米ニュース
スポンサーリンク

南米チリからの報道によると、同国北部コピアポ近郊の鉱山で5日、銅や金の採掘をしていた作業員33人が、地下に閉じ込められるという事故が発生。

そして22日。33人全員が地下の避難所で無事に生き延びているという報道がありました。チリ国内では、とんでもない規模の事故。全国民が固唾をのみながら無事を祈っているようです。

南米チリからの報道によると

Los 33 mineros atrapados se mantienen con vida

同国北部コピアポ近郊の鉱山で5日に起きた落盤事故で、ピニェラ大統領は22日、閉じ込められた33人全員が、事故から17日がたった今も地下避難所で生存していると述べた。

地下約700メートルの地中に掘り進んだドリルを引き上げたところ「33人は避難所で元気でいる」との手書きのメッセージが付いていたという。避難所に水の備蓄や通気孔があったため、17日間にわたって生存が可能だったとみられている。

避難所が深い場所にあるため、救出にはさらに4カ月程度かかる見通しだが、その間チューブを避難所に差し入れて水や食料、酸素を供給する。地元テレビは、避難所に届いた遠隔操作のカメラに写った男性の映像を放映した。

大統領は「再び、日の光を見て、家族を抱き締めるために、彼らは結束している」と述べ、閉じ込められた人々の「強さと勇気」をたたえた。

関連写真

生存確認ができて感極まる国民の様子

新聞では閉じ込められた人たちの顔写真と名前が公表される

事件現場。

慌ただしい様子が映し出されています。

スポンサーリンク
中南米ニュース政治・経済
この記事をお友達に紹介してください
プロフィール
あれはんどろ

スペイン語を学び、インターネットの世界に一歩踏み込んだら人脈と視野が広がりました。今は、創作活動に夢中です。みなさん仲良くしてください!

あれはんどろをフォローする
スペイン語学習のヒント

コメント

タイトルとURLをコピーしました