タイトル変更を検討中。「学んであそぼ!」ってどう?

キューバ映画祭inサッポロ2010、9月8日開催

文化・社会


北海道でキューバ映画の自主上映をしている団体さんがいることを知りました。映画を通じて、キューバの人たちの暮らしや考え、文化、歴史、自然に触れたいから活動しているそうです。

なんだか、とっても興味深い活動をしているようなので、いろいろ調べてみました!

キューバ映画祭inサッポロ2010について

札幌じゃ、キューバの映画がほとんど見れないから、キューバ革命50年の記念をきっかけに映画祭を自主上映してしまう人たちがいるようです。

彼らのウェブサイトを見ていると、当初の計画では、一発お祭り騒ぎの映画祭を開催をして幕を閉じるつもりだったそうです。ところが、好評のため毎年開催するほどになったんだとか。

9月8日に開催されるようなので、お近くに住んでいる方は映画館に行ってみてはいかが?

【主催】 キューバ映画祭inサッポロ実行委員会

【日時】 2010年9月8日(水)18:00 開場

     18:30 エル・ベニー
     21:00 シュガー・カーテン

【会場】 札幌東宝プラザ(狸小路5丁目)

上映作品について

EL BENNY
映画「エル・ベニー」では、革命前後のキューバ人の生活やミュージシャンの生き方など、キューバ音楽が最高に濃かった時代がリアルに描かれている。また、サンテリアと呼ばれるキューバのアフリカ系宗教の様子も描かれており、音楽的にも文化的にもキューバに魅力を持つファンは必見の映画。

参照:El BENNYの予告編

El Telon de Azucar(シュガー・カーテン)
キューバ国内外に暮らす30代のキューバ人たちが、物質的にも豊かであった革命黄金期の希望に満ちた子ども時代の思い出や、ソ連崩壊後(1990年代~)の深刻な経済危機の中での暮らし、革命政府への思いを赤裸々に語るドキュメンタリ。

参照:EL TELON DE AZUCARの予告編

映画祭の実行委員会について

キューバ映画祭inサッポロ実行委員会

2009年1月、キューバ革命50年目を記念して「キューバ映画祭inサッポロ2009」を開催。当初は1年だけの取り組み予定だが、2010年1月に第2回目「キューバ映画祭inサッポロ2010」を開催。これらの開催を踏まえ、今後映画祭を2年に1回行うようになる。

また、「9月8日」を「キューバの日」と制定し毎年イベントを行うそうです。

詳しくはこちら

参照キューバ映画祭inサッポロ2010

スポンサーリンク
文化・社会映画・アニメ・動画
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
プロフィール
このブログの管理人です
あれはんどろ

最近、イラスト描いたり、消しゴムはんこ作ったりする方面に興味湧いてきた。ラテンアメリカの著名な作家さんの作品に感銘を受ける日々を過ごしてます。

あれはんどろをフォローする
スペイン語をKindleで学習しよう
Kindle Paperwhiteを選んでおけば間違いない!

最新モデルのKindle Paperwhiteはこれまでのモデルの中で最も薄く、最も軽いなので、いつでもどこでも持ち歩けます。

思い立ったらスペイン語を多読。Kindle Paperwhiteなら電子書籍のメリットを最大限活かしたスペイン語学習を実践できますよ。

スペイン語学習のヒント

コメント

  1. 「キューバ映画祭」で検索してたら、このサイト見つけてしまいました。映画祭の実行委員メンバーです。昨年の9・8DAYのチラシが掲載されててとてもうれしかったです。
    図々しくてすみませんが、PRです。
    今年もします。よかったらサイトみてみてください。
    http://cubanday2011.blog.fc2.com/
    (でも冬の映画祭は力不足でできそうもないです。。。)
    今年は山形国際ドキュメンタリー映画祭でキューバ特集があるそうで、こちらも楽しみですね。

  2. 管理人 より:

    さっそくPR活動に一役買って出たいと思います。

タイトルとURLをコピーしました