次の活動を関西方面でやってみたいなぁ。誰かご一緒しませんか?

メキシコ旅行する前に買い集めた色々な本を紹介するよ

オススメ書籍
スポンサーリンク

メキシコ旅行へ行く前、準備も終わり割と暇だったのでアマゾンで色々と本を探していたら、メキシコに関する本色々と見つけました。

良ーく見ていると、すでに所有しているものがあったり、ウィッシュリストに入れてあるものだったりと。

あ〜、あの本は失敗だったなぁとか、あれは役に立ったとか。見ていて楽しいですのでみんなと共有。

メキシコ人はハゲない!?

もう、タイトルだけで笑えます。

要するに、メキシコの文化ではストレスが溜まらないからニッポンのおじさんたちのようにハゲないし、疲れて死ぬ事も無いって言いたい書籍らしい。中身は少しだけ確認した事ありますが、詳細は不明。

とりあえず、タイトル読んで笑えば良し。

カラフルなメキシコ雑貨に魅了される

可愛いの。ここに掲載されている小物は可愛い。
景色もきれいだし、料理もおいしそう。

でも、でも。油たっぷりのタコスとか、意味不明ながらくた売ってる現状を知っていると「カラフルツアー」のどこまでを信じて良いのか分からないのも本音だったりする。

ちなみに、特集されている「オアハカ」って地域はかつて大規模なストライキがあったりした町です。そのため、わたしは当時とこうする事が出来ず、泣く泣く別の地域を旅行しました。

メキシコ旅行で役に立った、この本は重要!

辞書には載らない、意味不明な用語はどの国のどの言語にも必ず一つは存在します。

メキシコに関して言えば、ありとあらゆる地名が先住民族の言葉から採用したものが多いので、日本人には非常になじみ無い発音だったりします。そういう、不思議な言葉を網羅しているのがこの本書。

日本人ガイドを付けてしまうのが楽でしょうけど、僕はお金がないのでこの本買います。

みんな買うけど利用頻度は高くない

これ、みんな買うよね?

旅行前とかは、重宝する1冊「地球の歩き方」。

情報源が全くない国だと、この本を頼らずに現地を落とすれるのは少々度胸が必要です。

ところが、いざメキシコに行ってみると、観光案内とか地図とか凄く充実していたし、みんな親切で「あの店がうまいタコスを食べさせてくれる」だとか「その角を曲がった所で○○が手に入る」といった情報も記載されているので、最低限の安心材料として必要かと

さらに、地球の歩き方の情報が古い為に、道に迷ったりってこともあるので、そういう部分も含めて旅の楽しみと考えれば買っておいて損はないでしょう…。

旅行中に、必要そうで必要にならない旅行ガイドブック。

メキシコの刑務所で過ごした日本人

今読んでいる本が終わったら、購入を検討します。
メキシコのムショはハンパない!

建築デザインはスゴいですよ

こういう写真だけで楽しめるものは、大好きなんです。見ていて楽しいし、メキシコって国をかなり大きな範疇で眺める事が出来るので。

しかも、メキシコは建築関係では結構有名な国。一度写真を眺める価値はありますよ。

こんなおいしそうなタコスを初めて見た

メキシコの屋台で食べてたタコスってもっと油っぽくて、タコスの表面がギトギトしていた記憶があるんだよなぁ。

なんでこの表紙のタコスの写真が、こんなにおいしそうなのか。メキシコ料理の謎は深い。

ちょっと変わったメキシコ案内

ゲゲゲの鬼太郎しリースでおなじみの水木しげる先生が書いたメキシコ案内マンガ。

水木しげる画業50周年記念といてリリースされ、メキシコの一大イベント「死者の日」やメキシコの墓場事情など水木しげる先生のあの画風漫画で案内してくれます。

スポンサーリンク
オススメ書籍
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
プロフィール
あれはんどろ

スペイン語を学び、インターネットの世界に一歩踏み込んだら人脈と視野が広がりました。今は、創作活動に夢中です。みなさん仲良くしてください!

あれはんどろをフォローする
学習のヒント

コメント

  1. bigsuccess より:

    こんにちは。
    いつも楽しく読ませていただいています。
    ダウニーは、日本で結構人気の商品ですよね。

  2. 管理人 より:

    へぇ。日本で人気なんですね。知りませんでした。
    普段、柔軟剤自体を使わない生活してるし、中米にいたころは、柔軟剤を臭い消しとして無理やり使うと言うイレギュラーなことやってたので柔軟剤自体の実状をあまりよく把握してなかったりします(汗)

タイトルとURLをコピーしました