現在、サイトをリニューアルしてます。

未熟なパパイヤを使った料理に挑戦

作ってみた
スポンサーリンク

2009年夏にパパイヤの栽培に取り組みました。色々、試行錯誤しながら栽培管理し、収穫までこぎつけました。

で、収穫物はあるんですが、それは完熟した甘いパパイヤではなく、未熟のまだまだ青いパパイヤの果実。どうにかして調理できないかと、煮たり焼いたりして食べてみたのです。

グリーンパパイヤとの格闘

未熟なパパイヤをグリーンパパイヤと呼びます。

青パパイヤだとか他にも色んな呼び方があるみたいです。グリーンパパイヤの最大の特徴は、甘くないことです。そりゃそうですよね、完熟していないんだから。そんな甘くない果実を、どうにかしておいしく食べたい気持ちが出てきてしまうんです。

で、まずは、甘い果実にしようと、色々試してみたんです。

「追熟」っていって収穫後にリンゴやバナナなどのエチレンガスを多く発生させる果実と一緒に熟成させることもやってみたり、色々やってみたけど、うまくいきませんでした。追熟に関して言えば、熟すどころか見事に腐りました。

もう、未熟なパパイヤの果実で、おいしい料理が出来ないかと考えるしかなかったんです。

グリーンパパイヤで炒め物

■パパイヤを切る

まず、グリーンパパイヤにメスを入れます。マンゴーのように中心に大きな種がある訳ではないので、ど真ん中に包丁を入れても大丈夫です。ざっくり半分に切ってみます。

■半分に切った所


半分に切るとこんな感じ。パパイヤの種は黒く、ぬるっとした皮膜に覆われているんですが、これは未熟すぎるため白。粒自体も小さく未熟中の未熟果実であることが一目瞭然です。

「追熟」しても甘くならずに腐っていく理由がこれではっきりします。

■種を取り除きます

タピオカみたいな種ですが、食べてもおいしくありません。スプーンで簡単にに取り除くことができます。

■包丁で皮をむき、薄くスライス

未熟とはいえ、グリーンパパイヤの皮はむいた方が無難です。包丁で簡単に剥く事が出来ます。

皮をむいたら、スライサーで薄切りします。これが結構楽しい。テレビショッピングで実演販売やってるような気分になるくらい、簡単にスライスできるんです。

それくらい果実が柔らかいんです。

スライスする事で、調理時間を短縮できるし、何よりも食べやすくなります。また、グリーンパパイヤ独特の苦みを減らすこともできます。

では、次。

■スライス完了

さて、何を作ろうかと冷蔵庫をあさってみました。出てきたのは、ニンジン、ひき肉、卵です。あまりにも材料が少ない気もしますが、これで炒め物をやってみる事にします。

■油の吸収がスゴい!!

手当たり次第の具材を使って適当に調理。グリーンパパイヤの火の通り加減を気にしながら炒めます。

ナスを炒めるときのような、油の吸収にビックリです。

最後に溶き卵をからめてチャンプル風にしました。

■薄切りグリーンパパイヤのなんちゃってチャンプル

グリーンパパイヤのほのかな甘みと、たっぷり吸収した油がみごとに調和。コリコリとした食感もあって、これまでにない料理となりました。

パパイヤって果物のイメージが強かったんですけど、こうやって調理用として利用してもおいしく食べる事が出来るのは新しい発見でした。

問題は今後もパパイヤを作るかってこと

問題なのは、今後も続けてパパイヤを作る華道家ってことなんです。実は、都会の生活に憧れてしまい、パパイヤ畑のある実家を離れてしまったんですね。

栽培に手間がかからないとはいえ、栽培管理の為に畑へ通うのは少々難しい問題なのです。今後はどうしようかなぁって今は迷っている段階です。

ただ、僕が管理できなくても他に管理をしそうな人が現れそうなんですけどね。僕の家族は、グリーンパパイヤでおいしい思いをしていたようなので、苗を買えばみんなでこぞって管理してくれそうな気はしてます。

そんな僕の家族に乞うご期待!

コメント

  1. あだち より:

    こんにちは。
    青パパイヤはサラダにするとよいですよ。
    タイ料理のソムタムという料理もありますが、日本人だと
    大根の千切りサラダの大根の代わりとか、塩やゆかりを振って、
    浅漬けにするとおいしいです。

  2. M.D.A より:

    ネットでパパイヤが売っていたので、みんなで料理して食べました。とっても美味しかったです。
    パパイヤ、ニンジン、ピーマン、豚肉を炒め、おだしと塩・コショーで味つけしただけですが、好評でした。

  3. 管理人 より:

    やっぱり炒めて食べるってのが青パパイヤの基本料理になりそうですね。
    タイ料理で使われているパパイヤも気になる所ですがパパイヤの千切りサラダはぜひとも食べてみたいです。今年のパパイヤを栽培するか、見合わせるか迷っていたので、さらに悩むことになりそうです。

タイトルとURLをコピーしました