タイトル変更を検討中。「学んであそぼ!」ってどう?

コーヒーと新型インフルエンザの関係

中南米ニュース

46641c69.jpg

パナマでは新型インフルエンザが流行すると、コーヒーが飲めなくなってしまう事態に陥ってしまうかもしれません。

コーヒー農園に出稼ぎに来る先住民族の移動範囲が年々広範囲になっており、彼らの動き方次第で伝染病の感染が急速に拡大する恐れが出てきたのです。

パナマで誰がコーヒーを生産しているか

32)

コスタリカとの国境近くにあるチリキ県。ここは、グアテマラやコスタリカの山間部に次ぐコーヒー産地となっております。この地域にはノベ・ブグレと呼ばれる部族が居住しており、彼らがコーヒー生産に大きく関与しています。

パナマ保健局によると、山間地域に住む先住民族「ノベ・ブグレ族」は現金収入を得るために、コーヒーの収穫期になると、近隣地域で有力のコーヒー農園に出稼ぎに行く習慣があります。

出稼ぎか感染防止か

彼ら先住民族は現金収入のためならパナマ国内だけにとどまることなく、隣国のコスタリカにも出稼ぎに行くそうです。この出稼ぎで移動するエリアが広範囲であることが伝染病の感染拡大に繋がっているのです。

彼ら先住民族の労働力は、中米地域のコーヒー生産に大きく寄与しているのですが、その一方でパナマ国内に伝染病の問題を引き起こしています。パナマ保健局も看過できない事態に陥っており、インフルエンザやデング熱の感染拡大を防ぐべく、彼らの動きに敏感になっています。

参照:Dengue e influenza A(H1N1) acechan la cosecha de café

貧困の拡大にまでつながる感染病

感染病が拡大することによって、コーヒーの収穫にかかわっている人たちが農園作業にかかわれず、現金収入が得られない状態に陥りそうなんです。病気の拡大が貧困のさらなる拡大につながる恐れもあり、貧困になることによってさらに病気が拡大する悪循環にもなりかねません。

感染病とコーヒーの関係は、一見なにもなさそうですが、このように場所が変わればすごく深いかかわりがあったりすることを伝えたかったのでした。

感染予防,そしてコントロールのマニュアル-すべてのICTのために-
メディカルサイエンスインターナショナル
売り上げランキング: 10,639
スポンサーリンク
中南米ニュース健康・医療
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
プロフィール
このブログの管理人です
あれはんどろ

最近、イラスト描いたり、消しゴムはんこ作ったりする方面に興味湧いてきた。ラテンアメリカの著名な作家さんの作品に感銘を受ける日々を過ごしてます。

あれはんどろをフォローする
スペイン語をKindleで学習しよう
Kindle Paperwhiteを選んでおけば間違いない!

最新モデルのKindle Paperwhiteはこれまでのモデルの中で最も薄く、最も軽いなので、いつでもどこでも持ち歩けます。

思い立ったらスペイン語を多読。Kindle Paperwhiteなら電子書籍のメリットを最大限活かしたスペイン語学習を実践できますよ。

スペイン語学習のヒント

コメント

タイトルとURLをコピーしました