イラスト投稿を楽しんでます。みてね!

革命は必要なのか。映画「チェ・28歳の革命」を観て感じること

スポンサーリンク

先日、日本で公開された「チェ 28歳の革命」を観てきました。チェ・ゲバラのキューバ革命に対する思いや、革命を起こすに至るまでの感情が巧みに描写されている映画です。

日常生活で「何かを変える」行為というのは、大義でも狭義でも革命の一種と考えることができるような気がします。チェ・ゲバラの「革命」とは異なっているかもしれませんが、私たちの日常生活における「革命の必要性」みたいなものを考えてみます。

変えること。革命すること。

チェ・ゲバラの歴史や逸話などは、色々な人が文章にして残しているので、そちらを読んでもらうとします。ただ、武力行使をしてまで遂行したチェの革命自体が、意義あるものだったかどうかは私には結論づけることはできませんし、この場で議論を交わすつもりはありません。

あくまでもここで肝心なのは、「変える」という意味での革命です。

■参照
>>映画「チェ 28歳の革命」公式サイト
>>フリー百科事典 Wikipedia「チェ・ゲバラ」

日常を変えるという革命の考え方

チェの起こした革命は「愛のある革命」とも言われているようです。愛があったからこそ武力の行使が許され、愛があったからこそ人々は彼についていったんだと思います。

だとすれば、私たちも何かを変える(革命を起こす)時には、何らかの愛情や特別な思いを持っていなければなりません。だって無感情でアレもこれも変えられたら、だれだってムカッときますからね。

じゃぁ、革命って必要なの?

私は、必要だと思います。

革命っていえるくらいの大きな衝撃というか、大きな変化が無いと人は単調な毎日に飽きてしまい、生きる意義を無くしてしまうような気がするからです。実際には、そんなことで命を落とす人なんていないと思いますが、物足りなさから誘発されるがっかり感って、いつまでたっても心に残るものなんです。

だから、私は大なり小なり革命を起こすことは必要だと思います。
それが自分自身だけのものであってもいいから。

なんか、とりとめも無いことを書き連ねている気がします。
自分でも意味不明な分になったので、ここで切り上げます。

参照:映画「チェ 28歳の革命」関連情報

スポンサーリンク
サポートのお願い
私の創作活動をサポートしてくれる方を募集してます

イラスト作成など、私の創作活動が盛り上がってきたので、クロッキー帳、筆記具など、創作活動に必要な消耗品のサポートをしてくれる方を募集します。

Amazonのウィッシュリストで公開していますので、よろしくお願いいたします。

映画・アニメ・動画
この記事をお友達に紹介してください
プロフィール
あれはんどろ

スペイン語を学び、インターネットの世界に一歩踏み込んだら人脈と視野が広がりました。今は、創作活動に夢中です。みなさん仲良くしてください!

あれはんどろをフォローする
学習のヒント

コメント

タイトルとURLをコピーしました