ポッドキャストに出演しました!
お問い合わせに関して

当ブログの管理者は、現在、怪我の療養中です。記事の更新や各種お問い合わせへの対応に遅れが出ております。

現時点においてはTwitter DMで対応しておりますので活用いただけますと幸いです。

Twitterで問合せ

豪雨というのは「休め」という天からのメッセージ

もう、3年くらい前になるだろうか、あるパナマ人から聞いて印象に残っている言葉。

豪雨(スペイン語でアグアセロ)というのは、休めという天からのメッセージなのだという。毎日抱える仕事が体力的にも精神的にも追いつかなくなって、「今ここでやすまないと深刻な事態になるぞ」って、神様が教えてくれるのだそうだ。だから、雨が降ったから仕事や学校を休むというのはむしろ国民としての誇りになるのだ。

豪雨が降らないと、そうした休む言い訳も無くなってしまうからだそうだ。

だから、豪雨が降った時には、そうした天からのメッセージに感謝して、またパナマに生まれたことに感謝して、しっかりと休むのが良いのだそうだ。


■風邪というのは休めという身体からのサイン

もう10年前になるだろうか、ある人から聞いて印象に残っている言葉。

風邪というのは、休めという身体からのサインなのだという。ウィルスとの戦いが体力的に追いつかなくなって、「今ここで休まないともっと深刻な事態になるぞ」って、身体が教えてくれているのだそうだ。だから、風邪を引くというのはむしろ健康な証拠なのだそうである。健康でないと、そうしたサインも発してくれなくなるからだそうだ。

だから、風邪を引いた時は、そうしたサインを発してくれた身体に感謝して、また敬意を表して、しっかりと休むのが良いのだそうだ。

参照:ハックルベーに会いに行く

スポンサーリンク
文化・社会自然・気候
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
プロフィール
このブログの管理人です
あれはんどろ

スペイン語とラテン文化の話で盛り上がってくれる人を大募集。ブログ更新よりも、ツイッターでいろんな人と絡み合うのにもっぱら夢中。

あれはんどろをフォローする
スペイン語を楽しく身につけよう!
スペイン語表現力トレーニング

スペイン語の表現力を鍛えることで、言葉の個性を演出することができるようになります。より深い話をスペイン語で実現するためのヒントが満載の一冊。

日本語から考える! スペイン語の表現

あの表現は、スペイン語でどのようにいい回すのか。

日本語で考え、スペイン語でどう伝えるのか表現方法を覚える。シンプルなことだけど、スペイン語を学習する日本人にとって非常にありがたい参考書の一つです。

スペイン語学習のヒント

コメント