コスタリカでは歴史に残る裁判が開かれています

政治・経済
スポンサーリンク

Photo:Olas de piedra By:gaelx
Photo:Olas de piedra By gaelx

1990年から1994年までコスタリカの大統領に就任していた「Rafael Angel Calderon(以下カルデロン元大統領)」がコスタリカの歴史に悪名を残す事になりました。

多額の公的基金を横領した疑いがかけられているようです。

独房で生活しながら汚名払拭

カルデロン元大統領自身は、現在独房にいながらも、無罪を主張しています。

そもそも、どんな疑惑が書けられたかと言うと、2004年にコスタリカ社会保険庁が、医療器具を購入するためにフィンランド政府より受け取った公的基金(約3億9500万ドル)を横領した疑いが現地新聞社によって暴かれたのが事の始まり。

国民から熱い支持をされたような人が、国民から払拭しようの無い不信感を抱かれてしまったこの事件。日本でもアメリカでも、国のトップに立つ適任者は誰なのか議論されていますが、私たち国民にとっては大統領や総理大臣は、唯一無二の存在と言っても過言ではありません。

間違っても歴史に残ってしまう疑惑だけはもたれないように頑張ってほしいものです。

Costa Rica se matricula hoy en la lista de los países cuya justicia es capaz de sentar a un ex presidente de la República en el banquillo de los acusados por un caso de corrupción. La suerte del nicaragüense Arnoldo Alemán, de los mexicanos Carlos Salinas y Ernesto Zedillo o del colombiano Ernesto Samper amenaza ahora a Rafael Ángel Calderón Fournier, que gobernó entre 1990 y 1994, y a su deseo de volver a gobernar este país centroamericano entre el 2010 y el 2014 con el Partido Unidad Social Cristiana (PUSC), de centro-derecha, una de las dos agrupaciones tradicionales.

引用 : elpais.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました