ブログの枠を飛び越えて活動中。詳細はこちら≫

働かざるもの…「あれ?もう食べてるの!?」これぞラテン諸国の気質です

文化・社会

Photo:Liberación By:Diógenes ;)
Photo:Liberación By Diógenes 😉

日本にいると「働かなきゃ!」と思わずにはいられない場面に何度も出くわします。

ところが、ラテン諸国には「働きたくても仕事がないひと」が多々存在しました。でも、仕事がないからといって焦っている人は少なかった気がします。とくに私の知人は、「働かざるもの食うべからず」という言葉とは真逆の考え方で毎日を生活していたのです。

朝5時に起床するも、午後1時から3時間の昼寝

私の知人(パナマ人)は、山間部に位置する小さな集落で畜産業を営んでいます。両親とともに暮らし、家族総出で牛や鶏の世話をして、生計を立てています。

畜産業といっても日本のような現代的畜舎でおこなうものではなく、簡素な囲いの中に牛を数十頭放牧する零細的な方法です。その為、力仕事が多いのです。

早起きをし、早く働き、早く寝る

ところが一仕事終えると、食事をして寝る。

ぐうぐう寝て、夕方むくっと起きて、付近を散歩し、近所のおばさんたちの井戸端会議に顔を出し、適当な時間を過ごしたあと夕飯を食べて、寝る。

一日の活動時間は5~6時間くらいでした。この知人、ちゃんとパナマ国立大学法学部を卒業している優秀な人なんですけどね。

今日やれなければ、明日やるという精神

今日できない事は、明日もできない。

日本とは明らかに異なる考え方ですね。競争社会の象徴のように伺えます。私の知人は、そんな堅苦しい事は考えていませんでした。

無理はしない。
でも、大きな夢を持ちながら、今日という日を気張らずに過ごす。
不可能を可能にする事を考えるより、今可能な事に対して最大限の工夫をしていく

日本の大人社会は、今も「運動会の徒競走で一番を目指したあの頃」を引きずっているような気がします。この世で一番である必要性がどこにあるのか、しっかり考えなければなりません。

働かざるもの食って良し!

本当の意味での「ゆとり」ってこの言葉に凝縮されているはずです。法律で休みをもっと制定する事が重要でなくて、各個人が「もっとゆとりのある考え方」を実行しなければならないのです。

ラテン諸国には、そもそもそんな法律なんてありません。
休日、祭日は必ず家族と過ごす習慣があるからです。そして、それが当たり前なんです。

現時点で仕事が有る無しに関わらず「家族」であり、一緒に過ごす事が大切なのです。だから、当然のように「働かざるもの食って良し!」なんです。

スポンサーリンク
文化・社会管理人の雑記
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
プロフィール
このブログの管理人です
あれはんどろ

スペイン語とラテン文化の話で盛り上がってくれる人を大募集。ブログ更新よりも、ツイッターでいろんな人と絡み合うのにもっぱら夢中。

あれはんどろをフォローする
スペイン語をKindleで学習しよう
Kindle Paperwhiteを選んでおけば間違いない!

最新モデルのKindle Paperwhiteはこれまでのモデルの中で最も薄く、最も軽いなので、いつでもどこでも持ち歩けます。

思い立ったらスペイン語を多読。Kindle Paperwhiteなら電子書籍のメリットを最大限活かしたスペイン語学習を実践できますよ。

スペイン語学習のヒント

コメント

タイトルとURLをコピーしました