ポッドキャストに出演しました!

究極の語学は「かけ算と曜日」を音読し続けるだけ

学習の手引き

Photo:Study By:Moyan_Brenn
Photo:Study By Moyan_Brenn

英語ベストセラー本の研究で、究極の学習法はかけ算と曜日をひたすら音読するlことに尽きると紹介がありました。内容を精読すると、これはスペイン語でも応用できる方法なので紹介します。

日本語を頭から追い出すことに専念する方法

スペイン語や英語だけにかかわらず、私たち日本人にとって外国語学習を進めるうえでもっとも厄介な存在が母国語である日本語です。語順、発音、語句の選び方などスペイン語独特の表現を身に着けるためには、スペイン語だけで学習するのが最も効率が良いのです。

英語学習の現場でも、予てから指摘されている点であること葉有名な話で、語学の壁を超えるために日本語で考える癖を排除すべきと識者からも指摘されています。

もしも「英語で考える」ことと「ひたすら音読する」ことが、英語学習の双璧だとすれば、この両者を掛け合わせたらどのような学習法が考えられるだろう、と思ったのである。

 《英語で考える+音読》

 そんな学習法が、本当に可能なのだろうか。私は可能だと思う。

引用 : nikkeibp.co.jp

継続は力なり、反復学習から得られる高い効果

頭の中を、習得したい言語で一杯にするための実践的手段が「かけ算(九九)と曜日」を愚直に音読し続けることなんだそうです。曜日を口が暗記するまで発音したり、九九を1~9の段まで全て言ったり、と単純な計算を英語で行うだけなのです。

一見、バカバカしい勉強法ですが、この著者によれば音読学習を継続する2つのメリットが期待できるようです。

  • 英語で考え、英語を口に出す回路が少しずつ強化される
  • 次第に英語を話すのが苦でなくなってくる

愚直な練習を繰り返すという一種の試練的な学習法ですが、反復学習の効果は様々な分野で効果が見いだされた手法です。スペイン語を体にしみ込ませ、自由自在の応用力を身につけるために反復学習を続けることで、手堅い結果を得ることができるのです。

スポンサーリンク
学習の手引き話題のトピック
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
スペイン語を楽しく身につけよう!
スペイン語表現力トレーニング

スペイン語の表現力を鍛えることで、言葉の個性を演出することができるようになります。より深い話をスペイン語で実現するためのヒントが満載の一冊。

日本語から考える! スペイン語の表現

あの表現は、スペイン語でどのようにいい回すのか。

日本語で考え、スペイン語でどう伝えるのか表現方法を覚える。シンプルなことだけど、スペイン語を学習する日本人にとって非常にありがたい参考書の一つです。

スペイン語学習のヒント

コメント

  1. くりもん より:

    そーか!そう言うことですね。
    英語も毎日独り言みたくブツブツ言って見たりして声に出す練習をしてきました、いまでも・・・
    スペイン語もそーして覚えていくと 普段の独り言のブツブツに取り入れるといいかも知れないですね。がんばってみます!