【訃報】キューバ音楽の巨匠「カチャオ氏」死去

音楽・PV系
スポンサーリンク

Cachao.  Master Sessions, Volume I (Crescent Moon-Epic)

【3月23日 AFP】キューバ音楽の第一人者で「カチャオ(Cachao)」の愛称で親しまれたイスラエル・ロペス(Israel Lopez)氏(89)が22日、米フロリダ(Florida)州マイアミ(Miami)で死去した。ロペス氏の広報が明らかにした。


ロペス氏は、「マンボ」の生みの親の1人といわれ、ベース奏者、作曲家として名をはせた。

同氏は、1918年キューバのハバナ(Havana)生まれ。無声映画の伴奏から音楽活動を開始し、1930年代には兄のオレステス・ロペス(Orestes Lopez)氏とともに、ラテンジャズの名手として知られるようになった。(c)AFP

あなたが天国へ行っても、あなたが残した音楽はこれからも生き続けます。
すばらしい音楽を私たちに残してくれてありがとう。

スポンサーリンク
音楽・PV系
この記事をお友達に紹介してください
プロフィール

スペイン語を学び、インターネットの世界に一歩踏み込んだら人脈と視野が広がりました。今は、創作活動に夢中です。みなさん仲良くしてください!

あれはんどろをフォローする
スペイン語学習のヒント

コメント

タイトルとURLをコピーしました