ポッドキャストに出演しました!
お問い合わせに関して

現在、各種お問い合わせへの対応に遅れが出ております。取り急ぎ、Twitter DMで対応しておりますので活用いただけますと幸いです。

Twitterで問合せ

ラテン音楽をCDジャケットのデザインで決めて買ってた昔話

管理人の雑記

CDのジャケットをインテリアとして楽しむも良し、オリジナルデザインでTシャツを作る際のヒントにするも良し、ジャケットのデザインに込められたアーティストの音楽性に触れるのも良いですね。

音楽を聴かずにCDを入手し、楽しむ。

そんな冒険的な行動にかられた私の昔話です。

CDのジャケット買いは平積みされた本を選ぶのと同じ

本屋で平積みされた本を物色していると、表紙のデザインとそこに刻まれたタイトルを見ながら、本を手に取る行動を繰り返しているうちに、外装のデザインで、手に取る本を選別していることが判明したのです。

もちろん著者やタイトル、本の内容等も加味した上で選んでいることは承知しているのですが、先入観や事前の情報を持たずに選ぶ時には、視覚から入る情報が本を選ぶ行為に大きな影響を及ぼしていたのです。

印象に残ったジャケットの紹介

オルケストラ・インペリアル

カルナヴァル・ソ・アノ・キ・ヴェン
オルケストラ・インペリアル
Musas
2008-01-01

シンプルでカッコいいです。

Israel Kamakawiwo’ole

Facing Future
Israel Kamakawiwo’ole
Big Boy Records
1995-03-14


「ビビッ」と衝撃が走りました。だって・・・ねぇ。

Maria Rita

Samba Meu
Maria Rita
Warner Music Latina
2007-10-22


そそられる美しさ。ブラジル美人最高です。

Sin Bandera

Hasta Ahora (W/Dvd)
Sin Bandera
Sony U.S. Latin
2007-12-04


メキシコ人とアルゼンチン人の二人で結成されたユニットSin Bandera。
その最新アルバムより。

Juan Luis Guerra

La Llave De Mi Corazon
Juan Luis Guerra
EMI Latin
2007-10-02


ラテングラミーの顔です。

インターネットを駆使すれば、音楽が簡単に試聴できてしまう時代に、あえて音楽を聴かずにCD選びをする刺激は、文章では表現できません。すごく楽しいですよ!

スポンサーリンク
管理人の雑記音楽・PV系
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
プロフィール
このブログの管理人です
あれはんどろ

スペイン語とラテン文化の話で盛り上がってくれる人を大募集。ブログ更新よりも、ツイッターでいろんな人と絡み合うのにもっぱら夢中。

あれはんどろをフォローする
スペイン語を楽しく身につけよう!
スペイン語表現力トレーニング

スペイン語の表現力を鍛えることで、言葉の個性を演出することができるようになります。より深い話をスペイン語で実現するためのヒントが満載の一冊。

日本語から考える! スペイン語の表現

あの表現は、スペイン語でどのようにいい回すのか。

日本語で考え、スペイン語でどう伝えるのか表現方法を覚える。シンプルなことだけど、スペイン語を学習する日本人にとって非常にありがたい参考書の一つです。

スペイン語学習のヒント

コメント

  1. くりもん より:

    なんて偶然なんでしょ?
    つい最近私もフアン・ルイス・ゲラ を知って(まだ初心者)興味してたとこでした このジャケットもググッときますね
    美おやじって感じがして好きデス あっ彼の声も素敵ですね
    sin banderaのこのCDはまだ入手してませんが今買い物リストに入ってる一品です(^_^)v

  2. 管理人 より:

    個人的に好きなんです。フアン・ルイス。
    メレンゲというか、ドミニカ共和国のヒーロー的存在の歌手ですよね。ラテングラミーでは色々な賞を総なめにする実力派だし。
    彼がひとたび歌い出せば、世のラティーノスの腰は、くねくねと止まらないでしょうね。
    そんなフアン・ルイス、いつか特集します。
    「いつか」ですけどね・・・