ポッドキャストに出演しました!
お問い合わせに関して

現在、各種お問い合わせへの対応に遅れが出ております。取り急ぎ、Twitter DMで対応しておりますので活用いただけますと幸いです。

Twitterで問合せ

レゲトンの発祥に関わったアーティスト Vico C

音楽・PV系

ラップをメインとしたスペイン語の歌を、世に送り出したアーティストとレゲトンの歴史についてのお話です。

紹介曲は、Aquel Que Habia Muertoです。

Vico C – Aquel Que Habia Muerto

Vico Cについて

Vico Cは、プエルトリコ出身のラップアーティストです。

Vico Cの楽曲が、ラテン系クラブミュージックの一大ジャンルとなっている「レゲトン」の誕生に貢献しています。レゲトンの発祥は1990年代初期で、ちょうどVico Cがデビューし全盛期を迎える時期にあたります。

レゲトンの確立

1990年代、中米諸国でジャマイカのレゲエやラガ(Ragga)をスペイン語歌詞に吹き替えて発表することが流行しました。

Vico Cがスペイン語でラップを始めたのが1980年代。レゲトンの歴史をたどるとスペイン語でのラップとほぼ同じ時期に確立された音楽とされています。

Daddy Yankeeの功績も大きい

現在では、「レゲトンといえばプエルトリコが発祥」と認識されています。それは、プエルトリコがレゲトンアーティスを多く輩出しているからで、レゲトンアーティストの代名詞的存在となるDaddy Yankee(ダディ・ヤンキー)が世界的なプロモーションで成功を収めたことに起因します。

レゲトンの発祥をプエルトリコと断定すると「そんなことはない!」と反対意見が多く出そうです。

しかし、ラップとレゲトン関係のディスコグラフィーを探っていっても、Vico CやDaddy Yankeeといったプエルトリコのアーティストによって今日のレゲトンが確立された事だけは事実となります。

スポンサーリンク
音楽・PV系
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
プロフィール
このブログの管理人です
あれはんどろ

スペイン語とラテン文化の話で盛り上がってくれる人を大募集。ブログ更新よりも、ツイッターでいろんな人と絡み合うのにもっぱら夢中。

あれはんどろをフォローする
スペイン語を楽しく身につけよう!
スペイン語表現力トレーニング

スペイン語の表現力を鍛えることで、言葉の個性を演出することができるようになります。より深い話をスペイン語で実現するためのヒントが満載の一冊。

日本語から考える! スペイン語の表現

あの表現は、スペイン語でどのようにいい回すのか。

日本語で考え、スペイン語でどう伝えるのか表現方法を覚える。シンプルなことだけど、スペイン語を学習する日本人にとって非常にありがたい参考書の一つです。

スペイン語学習のヒント

コメント

  1. perezosito より:

    "MUNDO ARTIFICIAL" (of MISION-LA CIMA -1994?)
    をきいて以来のずっとファンです。
    このひとのいいのは、まじめ、ストレートな姿勢。
    わるいのは、歌がへたなこと。ただしこれはわたしにとって、という私評です。
    ついでに、RAPPEROを評するときのポイントを。「まじめさ」「あたまがいい(つまり批評がまとをえている)」「おもしろい(つまりあたまがいい)」が絶対の重要項目となります。これでどうしてわたしが日本語のRAPMUSICをきかないのかg、、、、(FO)
    今週のCNNでBitbullがゲストインタビューをうけてるをみました。
    このひとはとてつもなくおもしろい。品はないけど。

  2. perezosito より:

    94年はネットで調べた情報でしたがたぶんこれは再発年で
    ホントは90年でした(どおりでおかしいと思った)。
    歳末整理整頓を機会に押入れの奥にあったこのCDを直接みて
    確認しました。ジャケ買いといいたいとこですが、むかしは試聴
    できたんですよね。いまみたく一辺全部がシール封されてなかったから。あとワンポイントのシールはシールを残してそのままケースをばらばらにして中身を取り出せた(店員さんに教えてもらった方法です)。

  3. 管理人 より:

    さくっとコピーして本文に貼り付けてしまおうかと思うくらい、細かい情報ですね。毎度の書き込みありがとうございます。
    >昔は試聴できた
    海外での話か日本での話か分かりませんが、メキシコあたりでは海賊版は今も試聴してCDが買えますよね?海賊版ですので、基本的には御法度ですけどね。
    合法的にやるのであれば、Amazon.comが試聴&MP3のダウンロード販売に力を入れはじめています。ラテン音楽も徐々に増えているようですが、現時点では日本在住では購入不可能。アマゾン日本法人の今後の動向を見守るしかありません。
    ジャケ買いも魅力的なんですが、お財布の中が寂しいと、じっくり試聴などをしながら検討して楽曲を購入したいと思うこの頃です。

  4. perezosito より:

    VICOのデビュー盤(?)が1990でした、かいましたというだけで
    たいした情報でもなかったのでほめていただくと恐縮至極です。
    でもあれですよね、ジャズ、ロック、等々に比べたら問題にならない
    ぐらいに難しいと思います、latinのジャケ買い。
    ふつうジャケのスタイル(デザイン)、レーベル、裏面のタイトル
    リストをみたらだいだい見積もりができるもんですが、latinものは
    ぜんぜん推測できないですよね。大手は安心だけどつまらない。
    弱小&ドメスチックlabelにひかれてしまうのは、なぜでしょう。
    ということで、カスタマの「横の情報交換」がより重要になってくる
    というのはそうですが、それより気晴らし目的、らくがきのつもり
    で書きにきてますので役にたたないことでも軽く読み流してください。

  5. 管理人 より:

    >横の情報交換
    ちょっと怪しい雰囲気を醸し出すこの言葉の響きがステキです。
    また落書きしてください。