プロモーション記事のお問い合わせはこちらから!

レゲトンの発祥地はプエルトリコ説が最も有力

スポンサーリンク

Photo:Calle 13 By:Jaime Oriz
Photo:Calle 13 By Jaime Oriz

ラテンアメリカ諸国で人気のレゲトン音楽の考察です。

レゲトンとは、カリブ地域で流行したダンスミュージックの事。この音楽の発祥については諸説あり、当ブログの調べでは3つの発祥地の可能性が確認できています。プエルトリコ、パナマ、ジャマイカの3カ国が発祥地の候補となっています。

今回はプエルトリコについて解説します。



Lo Que Paso, Paso [CD]

一般説としてレゲトン音楽の発祥はプエルトリコと定義されています。

主たる理由として、レゲトン音楽がラテンアメリカ諸国で注目を集め始めた1990年代、プエルトリコ出身のアーティストが主役でした。特に、ダディー・ヤンキー(Daddy Yankee)は、プエルトリコ出身のアーティストでの中でも群を抜いて支持されており、カリスマ性も強く、レゲテン音楽の中心人物として人々から認識されています。

2005年頃には、日本の音楽チャートにも影響を与えているるので音楽通であれば記憶している方もいるのではないでしょうか。

Lo Que Paso, Paso
Daddy Yankee
Universal


スポンサーリンク
文化・社会音楽・PV系
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
この記事を書いた人
あれはんどろ

スペイン語とラテン文化の話で盛り上がってくれる人を大募集。ツイッターでもスペイン語と関わりのあるいろんな人と絡み合ってます。

あれはんどろをフォローする
表現力を鍛えるスペイン語教材
スペイン語表現力トレーニング

スペイン語の表現力を鍛えることで、言葉の個性を演出することができるようになります。より深い話をスペイン語で実現するためのヒントが満載の一冊。

日本語から考える! スペイン語の表現

あの表現は、スペイン語でどのようにいい回すのか。

日本語で考え、スペイン語でどう伝えるのか表現方法を覚える。シンプルなことだけど、スペイン語を学習する日本人にとって非常にありがたい参考書の一つです。

スペイン語学習のヒント

コメント