ポッドキャストに出演しました!

スペイン語絵本「Si yo fuera un león」

オススメ書籍

翻訳タイトルは「もし、ぼくがライオンだったら」です。

Si yo fuera un leónは、乳児期の子供が対象の絵本です。概ね3歳程度の理解力で、この本の内容を理解できると設定されています。

この絵本の最大の特徴は本に大きな「のぞき穴」が用意されていることです。この切り抜かれた穴から読み手が顔をのぞかせ、びっくりさせたり、笑わせたりしながら子供達の注意を引きつけて読み聞かせができます。

参照:Si yo fuera un león

子供とスペイン語学習を始める最初の一冊に最適かも

対象の子どもの年齢にもよりますが、初級レベルのスペイン語で構成された絵本ですので、読解に必要なスペイン語レベルは、必要最小限の文法と語彙のみです。

スペイン版アマゾンAmazon.esに寄せられたレビューでも好評を多数得ており、2〜3歳の子供に読み聞かせるのがベストと言われてます。

スペイン語の重要表現を覚える教材としても最適

私の本書の使い方は「文法のいろは」を少しづつ覚える教材として活用する方法です。

あと、ある程度の年齢の子どもなら、子ども同士で本書を使ったスペイン語での読み聞かせができてしまうので、楽しみながら「もし〜〜だったら(Si yo Fuera ~~)」の表現を体験しながら身に付けることができます。

スポンサーリンク
オススメ書籍楽しむスペイン語
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
プロフィール
このブログの管理人です
あれはんどろ

スペイン語とラテン文化の話で盛り上がってくれる人を大募集。ブログ更新よりも、ツイッターでいろんな人と絡み合うのにもっぱら夢中。

あれはんどろをフォローする
スペイン語を楽しく身につけよう!
スペイン語表現力トレーニング

スペイン語の表現力を鍛えることで、言葉の個性を演出することができるようになります。より深い話をスペイン語で実現するためのヒントが満載の一冊。

日本語から考える! スペイン語の表現

あの表現は、スペイン語でどのようにいい回すのか。

日本語で考え、スペイン語でどう伝えるのか表現方法を覚える。シンプルなことだけど、スペイン語を学習する日本人にとって非常にありがたい参考書の一つです。

スペイン語学習のヒント

コメント

タイトルとURLをコピーしました