スポンサーリンク

チョットマティート、覚えておきたい面白スペイン語

オモシロ系
スポンサーリンク

メキシコ在住の自称中年ポッドキャスターわんださんとの会話で、EspañolとJaponésを足して2で割ったような造語「Japoñol(ハポニョール)」の話がすごく面白かったのでこちらでも紹介。

ちなみに、Japoñol(ハポニョール)については以下の通り。

ハポニョール - Wikipedia
Chottomatito(チョットマティート) – ちょっと待って
Sen de Sumimasen(センデスミマセン) – めっちゃゴメン
Isogasidísimo(イソガシディシモ) – めっちゃ忙しい
hambre ka(アンブレ)か? – ハラヘッタ?
gambatear(ガンバテアール) – がんばる
  – 猫バンバン
あれはんどろ
あれはんどろ

チョットマティート。今まで知らなかったスペイン語造語がいっぱいあるよ。

しばらく、スペイン語圏から離れてたけど随分進化したんだと実感しました。

特にチョットマティートは知らなかったし、思わず笑っちゃった。メキシコ特有なのかなぁ。あれから色々調べると、メキシコ在住ブロガーは、みんなこの表現をネタに記事を書いてて、みんな「チョットマティート」って連呼してて面白い。

合わせて見つけた#GatoPamPamのハッシュタグにも笑った。SNSが全盛の今だからこそできた言葉だと思う。数年前にこんな現象はなかったはずだもん。

言葉の進化ってホントすごいよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました