スペイン語学習のヒント

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語
カテゴリ: このブログについて

Photo:Gente en el Zócalo By alvarols ラテンの人たちが「陽気」である理由として、宗教的な束縛からの解放があったからという解釈がありました。 宗教改革が目指したのは形式化であり、カトリックのラテン系の国の方が実際は宗教支配がゆるくて社会が陽気であり、プロテ

「食糧問題を考える」企画展の一節で体験談を語ることになりました。久しぶりの課外活動となります。気合半分、緊張半分といった心境ですが、精一杯の「おもしろさ」を語ってこようと思います。 日時:10月8日(土) 場所:JICA中部 なごや地球ひろば 詳細は以下のチラシ

先日、コーヒーの苗木を入手することができました。全部で36本の苗木。 コーヒー栽培の知識も、専門の設備・機材も持ってないんですけど、広い農場だけは所有しているのでダメ元でコーヒー栽培を開始することにしました。

最近は、ラテン諸国に足を向けることができなくなったので、近所の商店街でラテンな雰囲気を楽しむことにしました。名古屋の中心地にある大須商店街、今回はこちらでぶらぶら楽しんできました。 近々、名古屋で開催されるラテンイベントの情報もゲットしたので紹介しまーす

フィリピンパブ「セニョリータ」 愛知県岡崎市の公共機関が立ち並ぶ、街のどまんなかです。 そんな街の中心地に夜の店、しかもフィリピンパブ。このミスマッチがなんとも言えないのと、真昼間にどーんと佇む派手な建物は、周囲の建物から抜きん出た存在となっていました。

中南米地域でも日本の被害状況が大々的に報じられています。 未だに緊急地震速報が流れ、余震も続き、何が何だか分からなくなっている状況の日本各地。もしもそこに住んでいたらと考えると映像を見ているだけでゾッとする。 地震や津波そしてそこから派生するさらなる危険

沖縄に住む友人にパパイヤの種を入手してもらう事ができたので、種まきからパパイヤを栽培してみる事に挑戦しました。 ただ、今回使用する事になった種は、友人から入手して半年以上冷蔵庫で放置していたもの。本当に発芽するのかどうかも、怪しい状態であったため、発芽試

これまで、なんども挑戦してきたパパイヤ栽培。 ■初心者の挑戦するパパイヤ栽培 ■パパイヤに果実がついて収穫できたのでご報告 ■雪にも冬の寒さにも負けずに育つパパイヤ 日照不足、気温が低い、雪がふるなど困難な状況の中、飽きることなく栽培を続けているわけなん

東急ハンズに買い物に行った際、コーヒー関連の商品が陳列してある場所でパナマコーヒーを見つけました。 ドリップバック式のコーヒーです。 でも、よく見ると農園主の名前が何か変!?

2009年夏にパパイヤの栽培に取り組みました。色々、試行錯誤しながら栽培管理し、収穫までこぎつけました。 で、収穫物はあるんですが、それは完熟した甘いパパイヤではなく、未熟のまだまだ青いパパイヤの果実。どうにかして調理できないかと、煮たり焼いたりして食べてみ

面白い話だったので引用。 ■海外脱出アドバイスのダメなところ このエントリの結びに、 「私はというと、日本だけが絶望だとも改善できないとも思っていない。それなりの生活をしたいだけならどこにいって働いてもいいだろうけど、もっと面白いことができたらいいと思う。

正確な出発日は秘密ですが、キューバに行ってきます! まだ、荷造りを終えていないんですけどね。 革命と音楽の国でのんびり2010年を迎えたいと思います。 滞在中にインターネットがあって、すっげー暇で仕方ない時にはTwitterでつぶやいてみるかもしれません。 [t] h

2009年の年末から、年越ししながら2010年の中旬までキューバに行く事を予定しています。 ■前回の記事:キューバ旅行を計画するにあたって参考にした資料 一生のうちで再び訪れる事が出来るかどうか分からない国への旅行です。さらに言うと、年末年始の旅行なので各種旅

初心者の挑戦するパパイヤ栽培でパパイヤの栽培記録とか、栽培に関する小さな気づきを報告しています。今回は、不可能かと思われていた日本におけるパパイヤ栽培が無理矢理な形でしたが実現できたのでご報告です。 特別な施設も使わず、本州のど真ん中で栽培するパパイヤを