スペイン語学習のヒント

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

Photo:Havana Club Rum By:slgckgc
Photo:Havana Club Rum By slgckgc

キューバの銘酒「Habana Club」の商標権をアメリカが保証する方針を打ち出しました。キューバとアメリカの国交関係正常化の動きを受け、アメリカが認めた形になります

アメリカは、キューバのラム酒「ハバナ・クラブ」の商標権を保証した。審査機関が結論を出し、先日明らかにしました。アメリカとキューバの関係改善を受け、キューバ産のこの銘柄について、アメリカ内での商標を認めたものと成ります。

La oficina de Patentes y Marcas (USPTO) de Estados Unidos garantizó al gobierno cubano el registro y los derechos sobre la marca de ron Havana Club en territorio estadounidense, según documentos a los que AFP tuvo acceso este viernes.
引用 : eluniverso.com


商標権に揺れるキューバの銘酒


ハバナ・クラブはアメリカでは、かつてバカルディが商標を持ち、販売していたが1973年に失効しています。

現在は、フランスのペルノ・リカール社とキューバ政府で設立した合弁会社「ハバナ・クラブ・インターナショナル(Havana Club International)」が商標権を所有しています。

ホセ・アレチャバラ(José Arechabala)が1878年に設立したブランドだが、1959年のキューバ革命によりオーナーであったアレチャバラ家はスペインへ亡命。製造会社は国有化された。アレチャバラ家はアメリカへ移住し、ハバナ・クラブの商標を登録。この商標の使用許諾を得てバカルディからハバナ・クラブ銘のラム酒がアメリカ国内にのみ販売されていたが、商標の更新を行わず、1973年に商標権は失効している。商標はキューバ政府公団Cuban exportsが翌1974年にアメリカで登録申請し、1976年に承認された。
引用 : Wikipedia - ハバナ・クラブ


ラム酒のシェア争いに法律を利用


アメリカで一度は商標権を所有したBacardi社は、いずれアメリカ政府によってキューバからのラム酒の輸入禁止が解除されれば、現在ハバナ・クラブの商標権を所有するペルノ・リカール社によってアメリカ国内に大量に輸入されると危惧します。

そこで、アメリカ議会に働きかけ「オムニバス法」という法律を制定し、キューバ関連の商標に関わる部分において制限を設けたのです。

オムニバス法211条(Section211oftheOmnibusAppropriationsAct))を制定し、キューバにおいて接収された事業又は資産に関連して使用されていた商標等について、米国裁判74所がキューバ国籍を有する者又はそれの権利承継者の権利を承認し、執行することを禁止した
引用 : オムニバス法について(PDF)



この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

スペイン語学習のヒントより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム