スペイン語学習のヒント

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

Photo:Cuba 2012 By:Matias-Garabedian
Photo:Cuba 2012 By Matias-Garabedian

米国との関係回復に向けた一連のやりとりが世界から注目され、キューバは観光客が急増しています。外部から人が流入すれば、経済も大きく動き収入増に喜ぶキューバ人も少なくありません。

しかし、こうした明るいニュースにも闇が潜んでいることを忘れてはなりません。

観光客急増の裏で表面化する問題


観光客が激増する中、自然やキューバ国民の生活環境をどのように守り続けていくのか。収入増の陰でささやかれる新たな問題との向き合いかたが問われています。

今後、この「自然」が観光資源として注目を集め、ホテルやレストランの開発がさらに進めば、現地の生態系や環境が、影響を受けるおそれがある。
引用 : 外国人観光客急増に沸くキューバ


闇取引が支えるキューバ社会


社会主義国として主張を続けるキューバも、国民の力によって徐々に資本主義的な動きが見え隠れしています。観光産業に力を入れるキューバ。観光資源でもあるクラシックカーの維持には闇取引が欠かせないものとなっているのです。

キューバにある車の約半数は革命以前の時代のものだと思われますが、それが今でも走っています。57年のシボレーや49年のフォードの部品が、今、一体どこで手に入るのでしょう? 実は、キューバでは個人商店が部品をつくっています。車を動かし続けるために、アンダーグラウンド経済が出現したのです。
引用 : アメリカ人観光客が見た、社会主義国キューバで育った市井の起業家たち


未だ、キューバ危機からの脱出宣言をしていない




キューバ政府は、アメリカとの国交に道筋が見えたとしても、25年前の緊急事態からの脱出を宣言していません。それだけ、危機的な状況に追い込まれたことが、この「宣言」ひとつから読み取ることができます。

ODA(政府開発援助)の受け入れ額が減少傾向に


緊急事態からの脱出宣言をしていないキューバは、これまで日本から政府開発援助の受け入れに応じています。

index
キューバのODA受入額の推移(1980~2012年) - 世界経済のネタ帳

世界のODA受入額ランキング によるとキューバは143カ国中107位、中南米諸国30カ国中17位となっています。

受け入れ額は直近の2012年で約100億円と、額自体は少なくはないのですが、過去5年ほどの経過を見ると減少傾向とも言えます。米国との国交正常化で日本からの支援がどの程度変化していくのか注目していきたいですね。

参照:キューバのODA受入額の推移 - 世界経済のネタ帳

キューバ経済の将来のため英語教育へ注力

ラウル・カストロ議長は2008年、英語教育の重要性について触れたのを機に、キューバでは英語に関心が高まっています。

特にアメリカとの関係正常化が進んだことにより、その重要性はさらに増し、英語の需要も高まっています。

Now that Cuba has restored diplomatic ties with the US, teaching English in schools will be a priority, the communist party newspaper Granma reported on Monday.
引用 : Teaching English in schools will be priority in Cuba amid closer ties with US


参考サイト


キューバ基礎知識(首都、人口、宗教、言語、経済状況) | DTACキューバ観光情報局
La Oficina Nacional de Estadísticas le da la bienvenida y le brinda información oficial de Cuba sobre
キューバのODA受入額の推移 - 世界経済のネタ帳


この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

スペイン語学習のヒントより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム