スペイン語学習のヒント

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

Photo:ebook By:teclasorg
Photo:ebook By teclasorg

辞書や教科書を電子化すれば軽くなります。

私は紙の辞書を強く強く勧めますが、スペイン語辞典の軽量化までを考慮すると、電子辞書にするか紙の辞書にするか迷います。

今回は、スペイン語の学習環境まで考慮した辞書選びについて考えます。

時代の波には逆らえない辞書の電子化


語学学習の基本は「普段の生活にいかにして取り入れていけるのか」です。
時代にあった辞書選びが重要です。

重い辞書を持ち歩くことがステータスだったのは過去の話。今ではスマホにスペイン語辞典がインストールできるほど辞書の電子化は進んでいます。

紙の辞書、電子辞書それぞれのメリット・デメリットがありますので、使い分けながら最適な学習環境を構築しましょう。

  • 紙の辞書のメリット
    • 書き込みができる
    • 検索語句の周囲の語彙もついでに調べることができる


  • 電子辞書や辞書アプリのメリット
    • 検索が早い
    • 端末が軽い
    • 端末特有の操作が可能(フリック操作やキーボード入力など)
    • 検索履歴が残る


メリットをいいとこ取りしたスペイン語学習を


Photo:Diccionario By:Daquella manera
Photo:Diccionario By Daquella manera

私は電子辞書を購入し、かれこれ10年使ってて思うのですが、電子辞書といえども使い方に個人の癖が出てくるので、結局のところ紙の辞書とそれほど変わらないのかなと感じています。

唯一、書き込んだり、検索語以外の言葉を「眺める」ということができない不満は残りますが、メリットにも書いた「検索履歴が自動的に残せる」機能はありがたいです。

どの単語をよく調べたのか、一覧できるので重宝している機能ですよ。

辞書アプリなら、もっと単価も低く、紙の辞書と電子辞書のいいとこ取りができるじゃんという意見もありますが、アプリは手元のスマホに依存するものですので「長く使うことが想定できない」という観点から、今回は除外しました。


機能満載の電子辞書は選択肢に入れよう


やっぱり辞書専用端末は、辞書検索のためだけに設計されおり、使いやすさは抜群です。

最近の端末だと3万円ほどするので、初期投資は高いのですが、利便性を考えると現時点でも電子辞書はベストな選択でしょう。

最新の端末は、スペイン語の関連書籍が多数収録されてるのも魅力的です。特にカシオの最新端末は、スペイン語学習だけでなくビジネスや海外旅行で役立つコンテンツも収録しています。

参照:スペイン語コンテンツ一覧

これらのコンテンツは一昔前の英語教材ですでに実現されていたものばかりです。スペイン語では、ようやく英語の学習環境と同じような水準になったのです。

丈夫で長く使える電子辞書を選ぼう


私は10年ほど前にCASIOの電子辞書を購入しました。当然、辞書以外のスペイン語コンテンツは多くはなく、液晶画面も白黒なのですが、機能や視認性に不満もなくも今でも愛用しています。

長く使える1台となりますので、予算の許す限り良いものを選ぶことをお勧めします。

参照:カシオ 電子辞書 エクスワード スペイン語モデル XD-K7500


この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

スペイン語学習のヒントより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム