スペイン語学習のヒント

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

Photo:Amazon changes By:luxuryluke
Photo:Amazon changes By luxuryluke

2015年の第1四半期を終えたところで、ちょっと一休み。

当ブログを介して売れた商品から旬なラテンの楽しみ方を研究してみましょう。2015年は、ブログ運営9年目を迎えており、今回は過去の実績も交えて楽しく紹介します!

キーワードはデジタル化された文化鑑賞


映画も音楽も書籍までもデジタル化されたことにより、これまで遠い存在であったスペイン語に関するものが簡単に入手できるようになりました。この恩恵に授かって、みんなでラテン文化を楽しんでいきましょう!

目次



映画


映画部門では、Amazonインスタントビデオのランク入りが目立ちました。ブログ開設当初には、デジタルコンテンツが充実するとは想像もしていなかったことです。

以前はDVDが主流でしたので、外国語のDVD作品を入手するときは、「リージョン」を調べる必要性がありました。ちなみにスペインのリージョンコードは日本と同じ「リージョン2」ですので閲覧可能です。デジタルコンテンツだと、そういった煩わしさが減るのは嬉しいことですね。

スペイン語映画は、撮影舞台地の特色を前面に出すような作品が多いため、スペインやラテン諸国の文化を垣間見ることができるところが最大の魅力です。

スペイン語吹替版 魔女の宅急便





ボンボン


ボンボン (字幕版)
フアン・ビジェガス
2013-11-26



電子書籍


スペイン語書籍の入手が格段に簡単になったのは、この電子書籍の爆発的な普及のおかげです。私は、この恩恵に授かり、数多くのスペイン語コンテンツを入手しました。

電子書籍の最大の魅力は、コンパクトであること。何千冊の本を端末一つで持ち歩ける快感は、一度味わうとやめられません。ちなみに、Amazonの電子書籍端末「Kindle」は、スペイン語の電子書籍のラインナップが最も充実しています。

Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル
Amazon
2014-11-04



Kindleに関して言えば、スペイン語表示に対応しており、辞書機能としてスペイン語辞書をインストールできるのが最大の魅力。私の知人もスペイン語学習には欠かせない存在と豪語しているほどです。

NHKラジオ まいにちスペイン語



語学学習のテキストも電子書籍で持ち歩けるようになりました。
私にとって、これが電子書籍が普及して最も画期的な進歩と感じたことです。

だって、これまでNHKテキストには大きなデメリットがありました。それは、1年間購読するとテキストが山積みになってしまうこと。せっかくの学習教材なのに年末に資源ごみに出していたほどでした。こういう無駄を省くことができるようになったので、電子書籍を素直に歓迎したいと思ってます。

坊ちゃん:Botchan (Impedimenta)


Botchan (Impedimenta)
Natsume Soseki
Editorial Impedimenta
2012-01-16



やさしく読めるスペイン語の昔話


やさしく読めるスペイン語の昔話
松下 直弘
NHK出版
2014-07-25



New Dictionary HISPANO Spanish-English v.3.0





デジタルミュージック


音楽はデータで入手することが多くなりました。

というか、音楽を買うこと自体がガクッと減りました。その代わり、音楽自体を購入せずにYoutubeで楽しんでます。せっかくなので、最近私が気になったラテン音楽のYouTubeのリンクを貼っておきます。ぜひChromecast使って大画面でミュージックビデオを鑑賞してみてください。



スペイン語関連書籍


このブログの開設当初から続けていることの一つが書籍紹介です。書評を交えながら、あれこれ紹介するのが定番となっています。

書籍紹介を続けていると、人々の趣向というものがわずかに見えてきます。興味深いことに、ずーっと売れ続けている本が3冊ありますので、今回はそれを紹介します。

いっそイラスト スペイン単語帳




参照:1日1ページ絵を見るだけ! イラストで丸暗記するスペイン語

これなら覚えられる!スペイン語単語帳




参照:スペイン語単語を効率よく学習できる教材の選び方

プログレッシブスペイン語辞典




参照:最も効果的だったスペイン語学習法

時代の変化を感じるランキング結果


今回のランキング結果を眺めていると、テクノロジーの変化は本当に凄まじいものだと感じます。

具体的な数値は規約により公表できないのですが、デジタルコンテンツの占める割合が半数を超えているのです。これまでのブログ運営のなかで、このような集計結果はありませんでした。デジタルへシフトしたということは、人々が「よりスピーディーに応えてくれるモノ」に変わってきたと証しなのでしょう。

古き良きものを再発見するチャンス


一方でラテン文化の主たる部分は古典的なものがたくさんあります。

古典文学やラテン諸国のそれぞれが持つ文化的なことなどは、めまぐるしい時代の変化とは異なる流れの中で支持され続けるんだと思いいます。新しいもの、古いもの、それぞれの良いところを見つめながら、ラテン文化とスペイン語をみんなで楽しんでいきたいと思います。

この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

スペイン語学習のヒントより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム