スペイン語学習のヒント

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

44043ba8.jpg


先天性多毛症という稀な病気を持って産まれたメキシコ人がいます。

顔が通常の何倍も濃い毛で覆われ、周囲からは「狼のようだ」と言われながら育ち大変な苦労をされています。

この男性が短編ドキュメンタリーの映像を通して、自分自身が今まで何を感じながら生きていたのか、そして自分の持つ病気をどう理解してほしいのかをスペイン語で訴えかけています。

狼男と呼ばれる男、チュイについて


チュイというニックネームで呼ばれる男。

ヘスス・アセベス(Jesús Aceves)さんは、メキシコ・サカテカスに暮らしています。顔は写真の通り黒い毛がびっしりと生えています。

「先天性多毛症」と呼ばれる遺伝性疾患で、彼の家族にも発症している。この先天性多毛症の症例は、医学の歴史においても50ほどしか報告されおらず、そのうちの30件ほどが彼の家系で発生している非常に珍しい病気なのです。

チュイや彼の家族に発症している「先天性多毛症」を広く理解してほしいと呼びかけるべく、メディアにたびたび登場しています。


短編ドキュメンタリー:Chuy, The Wolf Man



Chuy, The Wolf Man | Dazed
チュイさんの短編ドキュメンタリー番組。

「文字起こし」しました


本人の言葉で語られているので、全てスペイン語の映像です。

メキシコシティーで生活する様子、ヤジに耐えながら過ごす日々、軽蔑の視線、数々の苦痛に耐えながら送る日々について語っています。そして、最後に平穏にくらし、孤独とは無縁の生活を望む言葉が語られています。

みなさんも是非、生のスペイン語を聞き取ってみてください。
Me llamo Jesus
Mi familia me dice Chuy

Del niño de mi pueblo de Loreto, Zacatecas
Me decían Lobito

Ahora me dicen el Hombre Wolf
A veces la gente me preguntan "¿Por qué soy así?"
Así mismo dios les contestó
Solo dios sabe

Que tengo yo en común con los lobos
Los verán en el Zologico de Chuputepec
Y mi cumprecion fe la siguiente

Ambos tenemos los cubitos de perro
Y ambos vivimos atrapados
Ellos en Zoológico y yo estoy en el cuerpo

Por lo menos el lobo me trata de igual que los otros humanos
Esa noche de regresar a casa en el metro
la gente me veía y me gritaban cosas

Yo trato de no es caso pero a veces es dificil
Quiero que me dije en paz, pero no quiero que me dije en solo.
Queiro que se fije en mi, pero quiero pasar presidido.

Yo soy el opuesto de invisible, yo soy el visible.

即席で文字おこししてるので若干の間違いは勘弁してくださいね。


自由と尊厳を超えて
B・F・スキナー
春風社
2013-04-12




この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

スペイン語学習のヒントより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム