スペイン語学習のヒント

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語



ボリビア、ラパスの市営動物園にアンデス原産のラクダ類「ビクーニャ」にスポットライトを当てたコーナーがオープンし、SNSで話題になってます。

El Municipal Vesty Pakos estrenó este sábado el área de camélidos denominada “Wari Pacha” (tierra de vicuñas), espacio construido con una inversión de Bs  500.000 bolivianos y que albergará a unas 26 llamas, vicuñas y alpacas. La obra es parte de las entregas que se hacen como regalo por las fiestas julias.
引用 : la-razon.com


その名もビクーニャランド




場所は、ラパス市にある市営動物園「ベスティ・パコス」です。園内の一角のスペースが、アイマラ語でビクーニャ・ランドを意味する「Wari Pacha」と名づけられ、来園者が実際にこのビクーニャに触れる機会を提供しているとのこと。

日本じゃアルパカがもてはやされてますけど、本場アンデスでは、最高級毛織物の材料であるビクーニャを可愛がるところに、本場の意地を感じます。

実は生育数が激減した家畜の一つ


ビクーニャはアンデス原産の4種類のラクダ類の一種で、カシミアよりも細かい毛です。アルパカやラマ同様、ビクーニャの毛織物製品は高級品として取引されます。体毛が細いのが特徴ですが、その毛は動物界で最も細く、100分の1mmといわれている。

ビクーニャはかつて体毛を取るために乱獲された過去があり、今では個体数保護のために2年に一度しか毛の刈り込みが許可されていません。1回の刈り込みで成獣1頭につき250 - 350gの体毛しか得られません。

ぺんてる 多機能ペン ビクーニャEX


この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

スペイン語学習のヒントより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム