スペイン語学習のヒント

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語



スペインのビジネススクールに籍を置く日本人3名が、起業プロジェクトとして、これまでとは一味異なるスペイン語レッスンをスタートさせました。

最大の特徴は「月額料金と予約システムからの解放」です。いつでも、どこでも、予約なしでオンラインレッスンを受講できるシステムって素敵じゃないですか!

早速、詳細を見てみましょう。

1to1スパニッシュについて



1to1スパニッシュは、スペイン、バルセロナにあるMBA大学院の起業プロジェクトとして発足したオンライン型の個人向け語学レッスンです。創業者は3人の日本人。

参照:1to1スパニッシュについて

予約もキャンセルも不要。空いた時間にすぐにレッスン開始


1to1スパニッシュは、チャットアプリ「WhatsApp Messenger」で先生と生徒がオンラインで対話をする形でレッスンを行います。これは、オンライン型の語学レッスンではよくある手法です。

ただ、1to1スパニッシュが従来のオンライン型スペイン語レッスンとは異なる点がいくつかあります。

    1to1スパニッシュの特徴


  • 月額料金ではなく1レッスンあたりの価格設定となっている。
  • 1レッスンあたり700円から受講可能
  • WhatsAppのループチャット内で今すぐレッスン可能な先生にレッスンを申し込むレッスン形式なので、事前予約や予約キャンセルなどの手間が省かれている

参照:1to1スパニッシュ

レベル別に合わせたレッスンも用意されている




超初心者向けのカリキュラムから、スペイン政府が実地するスペイン語検定試験「DELE」に向けた中級者以上のカリキュラムまで、語学力に合わせたレッスンが用意されています。

また、毎回のクラス終了後に、会話内容の要約と宿題を用意してくれます。レッスンで覚えた語彙をすぐに復習し、次回のレッスンまでに自分の中に吸収するための粋な計らいも嬉しいポイントです。

日本のニュースを用いたレッスンも


c768f6be.jpg

私が最も関心を寄せたのは、日本を話題にしたスペイン語ニュースを話題としてレッスンに取り入れているという点です。

ニュースの情報源は、かつて日本で唯一のスペイン語新聞を発刊していたインターナショナルプレス。今は、もう幻の新聞ですが、オンライン版は継続運営されております。

そんなインターナショナルプレスで配信されているニュースや旬な話題をピックアップしてレッスンに取り入れているってことだけでも、私にとっては懐かしさと嬉しさが湧いてきます。

余談ですけど、インターナショナルプレスに掲載されている広告は、日本国内でありながらめっちゃラテンなものばかりで、記事そっちのけで見入ってしまう不思議なパワーを秘めています。

参照:International Press Digital

最安値ではないが、柔軟性のある価格設定に大きな魅力




私が知る限りの話ですが、このレッスン料はかなり魅力的です。

オンライン型スペイン語レッスンは、近年様々なサービスが乱立しておりますが、それらのサービスの中では1レッスンあたりの価格設定を低価格に抑えてきているなぁという印象です。

レッスン料も先に紹介した通り、1レッスン700円から用意されており、価格設定としては高くもなく安くもなくといったところ。スペイン本国のスペイン語に触れたい人にとっては、十分魅力ある価格だと思います。

また、今回紹介する1to1スパニッシュはスペイン語を身近な言語にするための取り組みが盛りだくさんです。

無料体験で真価を見出してみてはいかがでしょうか


スペイン語レッスン「1to1スパニッシュ」は、ビジネススクールで発足したプロジェクトの一つです。言い換えれば、有料のオンライン型語学サービスとしては、整備不良の面があるのは否めません。魅力な側面ばかりを紹介した一方で、まだまだ実験的な事業なのです。中の人は色々手探りで事業の方向性を探っている事でしょう。

ただ、本サービスの今後の進展には期待したいですし、事業がさらなる発展を遂げて行くのを見守りたいのも、私にとっての1つの楽しみでもあります。

期間限定で無料体験レッスンを実地しているので、この機会に試してみるといいかもしれません。レッスンを体験して、この語学サービスの良し悪しを見定めてはいかがでしょうか?

体験だけなら「無料」なのですから。




この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

スペイン語学習のヒントより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム