スペイン語学習のヒント

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

a8dd2247.jpg


YouTubeの機能の一つに、投稿動画の音声を解析し、自動で文字起こしをする機能がある事を知りました。そして、今回はこのYoutubeの文字起こし機能がどの程度正確なのか調べました。
文字起こし - YouTube ヘルプ


使い方は、文字起こしのアイコンをクリックするだけ


d735d023.jpg


まずは、使い方。

操作自体はとても簡単です。動画スクリーン直下に文字起こしのアイコンがあります。そのアイコンを探してクリック。以上。

今回はチャギントンスペイン語版で文字起こし機能を試してみました。

動画音声に連動したキャプションスクロールが便利


36

キャプションは、動画の音声に合わせて、自動スクロールし、単語一つ一つを丁寧に聞き取っていく事ができます。目で追いながら音声を聞く事ができるので、少々難解な単語が出てきても聞き取っていく事ができます。

地味に便利な機能を備えています。

ただし、音声解析の精度に不安定感


音声を聞きながらキャプションを読んでいくと、所々歯抜けになっていたり、間違った単語で書き起こされていたりします。

自動文字起こしがうまくされていない箇所の共通点を探っていくと、BGMや効果音が挿入されている箇所で、その部分だけうまく文字起こしされない確立が高くなっているなって感じました。

利用シーンは限られるが、期待感は高い


YouTubeの自動文字起こし機能は、スペイン語の動画を試聴する際に補助的な存在として活用するのであれば、必要充分な解析性能を備えています。

ただ、文字起こしの精度そのものがまだまだ発展途上であるのも事実。ですが、こちらは親元であるGoogleさんの技術力ですぐにカバー出来てしまうような気がしてなりません。

まずは何より、この利便性に触れてみる事が一番です!


YouTube Perfect GuideBook 2014年改訂版
タトラエディット
ソーテック社
2014-03-20




この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

スペイン語学習のヒントより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム