スペイン語学習のヒント

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

46d000d5.jpg


最近、「ビットコイン」という仮想通過が話題になっています。低い手数料で国境を越えた取り引きが可能となっている通貨で、国家や中央銀行が存在しないのが特徴です。

このビットコインが世界中に普及することになれば、経済が大きく変わるはずです。

ビットコインについて


3b3c6d93.jpg


ビットコインとは、インターネット上のみに存在する仮想通貨のこと。
2008年に登場した仮想通貨です。

最大の特徴は、インターネット上のみで流通する通貨で、しかも既存の通貨のように発行元になる国家もしくは中央銀行が存在しないことです。そのため、低い手数料でネット通販の決済や国際送金に使うことができ、海外では利用者が増えています。

仮想通貨ビットコイン 便利さ、記者も使って実感

最近のビットコインにまつわる話


米国法務省、金融サービスとしての可能性があると発言


米国法務省は「仮想通貨システムはちゃんとした金融サービスとしての機能を果たし、グローバルな商取引を促進する可能性を秘めている事は認める」と発言したのを受け、ビットコイン価格が勢いで上昇しています。

米上院委員会、仮想通貨ビットコインで初の公聴会 - WSJ.com

東京の取引所でも4カ月で8倍超に


ビットコインは限りなくホンモノの通貨に近い存在ですから、これを受け付ける店があれば、買い物をすることもできますし、海外に送金することもできます。すでにFX取引のように投機的な動きも活発になっており、東京にある取引所では1ビットコイン=800ドルを突破し、4ヶ月で8倍以上の上昇となりました。

仮想通貨ビットコインが話題 バブルの懸念は? - Yahoo!ニュース BUSINESS

大学の授業料を支払う事も可能になりつつある


キプロス共和国(東地中海上にある島)の私立大学であるニコシア大学が、デジタル通貨「ビットコイン」(Bitcoin)で授業料や手数料を支払うことのできる初めての大学になると発表しました。ねらいは、デジタル通貨修士というこの大学独自のプログラムを宣伝するため。

他にも価値が急上昇しているビットコインを授業料として徴収し、大学は最終的には通常の授業料を上回る金額を懐に入れることになることへの期待も大きいようです。

世界初、仮想通貨で授業料を払える大学 « WIRED.jp

懸念事項もたくさんある仮想通貨


問題もたくさんあります。
国家や中央銀行が介入しない通貨なので、貨幣価値の保証は誰もしてくれません。

現時点では、ビットコインは商品の交換やリアルマネーとの交換が可能となっていますが、ある日このビットコインへの催眠術が解けてしまうと、誰も商品やリアルマネーとの交換をしなくなる可能性もあるということが指摘されてます。

他には中央銀行などの保障がないビットコインが、ドルや円などのリアルマネーにとって代わるのは難しいことや、マネーロンダリングや闇取引への利用の懸念も挙げられています。

さらに、ビットコイン経済圏は、世界規模のババ抜きとさえ揶揄されています。

世界規模のWEB上のババ抜きが始まった。ビットコインはドルになれるのか?

ビットコインに期待したい事


お金の流れ方の変化と働き方の変化


以前、ワーク・シフトという本の中で「テクノロジーの進化や人々のくらし方の変化によって働き方が大きく変わる」ことが書かれています。ビットコインの本格的な普及によって世界経済の構造そのものが変化し、この本で指摘されている「労働の変化」がさらに後押しされていくような気がしてなりません。

今は、ネットの上の怪しい電子マネーとしか捉えられていないビットコインですが、その潜在価値は計り知れないものであると考えています。ババ抜きはしたくないですけどね。

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉
リンダ・グラットン
プレジデント社
売り上げランキング: 1,086



この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

スペイン語学習のヒントより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム