スペイン語学習のヒント

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語


映画「グーニーズ」がAmazonプライムビデオの対象となっていたので、久しぶりに鑑賞しました。

今から30年以上も前に製作された作品で、私が本作品を見るのも20年ぶりですので、ストーリーは断片的にしか覚えていません。こうして再び鑑賞すると、幼き頃には理解できていなかった謎が解決できたたのです。

グーニーズとは




「グーニーズ」は、1985年製作のアメリカ映画で、伝説の海賊が隠した財宝を探す少年達の冒険を描きます。

ゴルフ場建設で立ち退きを余儀なくされている主人公マイキーが、屋根裏部屋で偶然見つけた宝の地図を元に大冒険を繰り広げるというもの。主人公とその仲間たちが手を取り合って「宝」を目指します。

詳細:グーニーズ - Wikipedia

ストーリーを意識して鑑賞したのは初めてだった


テレビでも何度も再放送されるほど、ファンの多い作品ですので、知らない人の方が少ないのかもしれません。でも、幼き頃に見た私は、冒険のきっかけが「ゴルフ場建設による立ち退きを阻止するため」ということは知りませんでした。

幼少期に観た映画を改めて鑑賞するのは、断片化されたストーリーを復元することができ、また違った感動が得られました。

謎解きのカギは「スペイン語」




物語の序盤から、スペイン語会話のシーンが随所に登場します。最初は、主人公マイキーの母が連れてきたスペイン語しか話せない家政婦さんとの会話シーンです。


主人公の母が説明した言葉を、唯一スペイン語が理解出来る画像の男の子「マウス」が通訳するのですが、全て嘘の通訳で説明します。嘘だらけの通訳に困惑した家政婦さんが、最後に「イカれているわ、この家」と嘆く姿が印象的です。

宝探しの最後の謎解きにもスペイン語が




屋根裏部屋で見つけた「宝の地図」は、スペイン語で記載されています。その謎を解くために、スペイン語が理解できるマウスが活躍します。

どんな謎解きが待ち受けているのかは、本編を見ていただいた方が良いと思います。

これは、私の所感ですが、宝探しの旅に出た子供達にとって最初の試練がスペイン語の読解という点は、本作品を鑑賞して最も興味深いと感じた点でした。この映画が制作されてから30年の月日が経過した現代ではあまり類を皆いストーリー展開だなぁと感心してしまいました。

宝探しの大冒険、と言ってもほのぼのとした作品なので穏やかに作品を鑑賞できますよ!

グーニーズ 特別版 [DVD]
ショーン・アスティン
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-04-21




この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

スペイン語学習のヒントより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム