スペイン語学習のヒント

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

Photo:Bill Gates - Caricature By:DonkeyHotey
Photo:Bill Gates - Caricature By DonkeyHotey

ビル・ゲイツ氏が人々を貧困から救うため、10万羽のニワトリを貧困国の人々に提供する計画を発表したのですが、ボリビアは「我々の国にはそんな支援は必要ない」と反発しました。

ゲイツ氏が、自身の運営するブログ記事「Thomson Reuters Foundationの記事」で、ニワトリを寄付する支援先として、西アフリカのブルキナファソから南米のボリビアまでと記載したことがきっかけのようです。

ボリビア政府は15日、貧困撲滅に向け鶏を寄付すると表明した米マイクロソフト共同創業者ビル・ゲイツ氏の申し出を拒否すると表明した。ボリビア当局者らは、ゲイツ氏がボリビアで盛んな養鶏産業について学ぶ必要があると非難した。
引用 : jp.reuters.com


貧困支援にニワトリを選んだ理由


ゲイツ氏は、1日ギリギリやりくりできる生活費で暮らすことになる場合何をするのか、という問いに対して「ニワトリを飼育する」と答えました。

ゲイツ氏「1日200円で暮らすとしら?」の問いに答える




ニワトリを選んだ理由としては、
  • 世話がしやすく費用も少ない
  • 短期間で繁殖させられ、現金収入につなげやすい
  • 卵の生産で子供たちを栄養失調から救える


これらのこれらのメリットが最小限の投資で享受できる問いう理由で、ニワトリを利用した家畜の取引システムを開設しています。また、大型の家畜と比べて女性でも扱いやすく、女性の権利向上につながることにも合わせて言及しています。

ところが、養鶏が盛んなボリビアにとっては、喉から手が出る様な支援でもなく、相手国の状況を加味した支援が必要ではないかと世論に一石を投じたのでした。


この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

スペイン語学習のヒントより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム