スペイン語学習のヒント

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

Amazonや楽天Koboなど、日本でも今年に入って次々と電子書籍に関するサービスや端末が発表されましたね。以下のように、ニュースをまとめてみるとホントたくさんの端末がある事に気づきます。



iPadなどのタブレット端末も含めると、本当にたくさんの種類があるので、今回は電子書籍の閲覧に特化した端末について愚痴をこぼす事にします。

端末機能に各社の差は殆どない


f27fc517.jpg

本を読む事に関する事で言えば、どの会社の端末を購入してもそれほど差はないと思います。あえて言うならもうすぐ発売される「AmazonのKindle Paperwhite」と「楽天のkobo glo」は特殊なバックライトが搭載されているので、薄暗い環境下でもある程度快適な読書ができる点は評価ポイントの一つだと思っています。

重要なのは、入手した端末でどんな書籍が購入出来て、どういった読書体験ができるのかという基本的なことだったりします。

実際、私はSONYの電子書籍リーダー「PRS-T2」を購入し、2ヶ月ほど使用しておりますが、端末の機能的な部分に不満はありません。

adf4e52a.png


でも、購入&閲覧できる書籍にかなり限りがある事に不満があるのです。

端末=電子書店という不便さ


これは私自身が電子書籍用の端末を買って初めて気づいた事ですが、専用端末を買うという行為は、電子書籍を販売する書店を選ぶのと全く同じです。SONY製端末を買った私の場合は、SONY直営の電子書籍販売サイト「Reader Store」とSONYと提携している「紀伊國屋書店BookWeb」に限られます。

5decfa2c.png


kindleを買えばAmazonに限定されるし、楽天koboを買え当然のように楽天の電子書籍販売サイトに限られてきます。

もし、今使用している電子書籍端末に「飽きてしまい」他の端末を入手しようとしても、それまでに購入した書籍は電子書店に対応している物でなければ閲覧不可能となっているのです。

著作物の保護という観点からは重要な事かもしれませんが、本を購入した読者としてはこれがとても不便極まりないことなどです。

現状、日本語書籍の点数はどの書店でも大差がないのでどの電子書籍端末を購入しても良いと思います。発売する書籍のタイトルも、出版社との兼ね合いなのか似たり寄ったりで、日本語書籍だけを考えれば「端末=電子書店」の現状を妥協することもできます。

ところが「洋書」の入手まで考えると意見は随分変わってきます。

読める本が限定される電子書籍


「AmazonのKindle Paperwhite」や「楽天のkobo glo」はグローバル展開しているのである程度の洋書を購入できます。

c49696f5.png


しかし、私が買ったSONYの端末では外国語書籍の購入が公式にサポートされていないので一工夫しないと入手できません。

一工夫と言っても、とても面倒な作業なので結局の所、海外書籍を探すこともやらなくなってしまいます。私個人の問題ですけど「本を読む」という行為のためだけに、そこまで熱心になれないという実情があるのです。

ここまで読んで頂けた方はお気づきだと思いますが、電子書籍は企画としては面白い形式ですが、読書を楽しませるという部分では力不足な面が色濃く残っています。さらに、端末や書籍の販売方法に「露骨な客の囲い込み」が見え隠れしており、お金を払ってサービスを享受する読者に取って見返りがとても少ないのが現状なのです。

やっぱりあのタブレットがベストな買い物か!?


そんな不満を漏らしながら、こうして文章としてまとめている時にApple iPad mini が発売されましたね。どの電子書店もアップル製品への対応は早く、なにより端末そのものが各国の言語に対応している優れもの。

7181fe12.png


ディスプレイの凝視による目の疲れを軽減させるために電子書籍専用端末を所有することにこだわっていたけど、これほど不便なことが勢揃いするとは思っても見なかったこと。

いろいろ機能の比較などを調べていると、やっぱりiPadを始めとするアップル製品の評価の高さが際立っています。そして、アプリケーションなどの関連製品をリリースする会社のアップル製品への素早い対応も見過ごすことはできません。

なんだかんだ言って、iPadが様々なフォーマットでリリースされる電子書籍をシームレスに閲覧出来る唯一無二の端末なのではないかと思います。今後のことも考えてマルチに活用出来るタブレット端末を本気で考えた方が良いなと改めて実感しました。

この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

スペイン語学習のヒントより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム