スペイン語学習のヒント

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

人生スイッチ(字幕版)

久しぶりにスペイン語映画を見ました。

鑑賞したのは「人生スイッチ(原題 "Relatos Salvajes")」です。邦題からはキレイな人生転換の話を想像してしまいますが、実際はそんなクールな印象とは真逆のドロドロしたコメディ作品となってます。オムニバス6篇なので長時間集中できない私にぴったりの映画でした。

人生スイッチ [Amazonビデオ]

予告編を見てみよう




以下のバラエティー豊かな6篇が一つになった作品です。ストーリーが丁寧に作られていて見ていてとてもスッキリした気持ちになります。年末年始のまとまった時間にスペイン語作品を鑑賞するのもおすすめです。

Amazonカスタマーのレビューに各ストーリーの簡単な解説があ理、とてもわかりやすい解説だったので転載して紹介。


おかえし


飛行中のその旅客機の乗客はどうやら全員、ある男を共通の知人に持っているらしいことが判明して…
設定が一番ぶっ飛んでいて、その結末が、ブラックだとはいえ手放しで笑える最もクールな一編です。

おもてなし


男に対して恨みを抱く当事者でもないその年配女性がなぜにそこまで…
この結末はひたすら怖くて私には笑えませんでした。

パンク


これが「スイッチ」のイメージに一番近いでしょうか。
結末はまさにブラックコメディ。

ヒーローになるために


男の言い分は筋が通っており、お役所仕事に対する憤りもたいへん良くわかります。
最終的には世論も知人も皆彼を支持してくれてハッピーエンド。
だけど別にヒーローになりたくてそういう行動をとったわけじゃないので、この日本語タイトルは的外れです。

愚息


このタイトルもセンスがおかしい。男がきれるのは息子に対してではなく、弁護士や検事や使用人の、人の不幸につけこんだ金に対する貪欲さに対してです。
この結末が笑えるかどうかは微妙。だっていくら欲に目がくらんでのこととはいえ、当事者でもないのにあれって死んじゃってるかもしれないし。

HAPPY WEDDING


最もドロドロではちゃめちゃのまさにブラックコメディ。
しかしこの花嫁、2人の間にどういういきさつがあるのか事実が全く明らかでないことを気にもかけないまま、自分一人の思い込みでひたすら感情的に暴走していくその姿はあまりにも醜悪で私には笑えませんでした。「おもてなし」の年配女性といい、これがラテン系の女性の一つの典型なんでしょうか。
結末も、2人にとってはハッピーなのかもしれませんが、招待客の心中を想像すると複雑なものがあります。
参照:Amazon Customer Review


スペイン語の勉強のために観て、どっぷりハマる


この作品を視聴したきっかけは、スペイン語を久しぶりに耳で聞く為だけに見ました。アマゾンプライム会員なら無料で視聴できることが、最大の理由でもあります。

参照:Amazonプライムビデオについて

あまり深い意味を考えず、鑑賞を始めましたが意外とハマってしまいました。ラテン特有の表現豊かさで、いちいちリアクションがオーバーなのはラテンアメリカからしばらく距離を置いてしまった私にはとても刺激的でした。

人生スイッチ(字幕版)
リカルド・ダリン
2016-02-02

この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

スペイン語学習のヒントより最新情報をお届けします

このエントリーをはてなブックマークに追加

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム