スペイン語学習のヒント

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

php

ボリビアでは、コカ葉を使用したパネットーネ(パネトン)がクリスマスシーズンを狙って発売されることが話題と成ってます。ちょっと前に、コカ葉入りのコーラ「Coca Colla」でも話題になったばかり。

何かと「コカ」を使って国の産業を盛り上げていこうとするボリビア。
パネトーネがどんな味なのか試してみたいところです。

パネトーネはスポンジケーキ


スポンジケーキであるパネットーネは、国内ではクリスマスの時期に消費されることが多く、ボリビアでもこの時期たくさんのパネトーネが消費されています。

今回、そのパネトーネにコカ葉を練り込んだものが発売されるのです。発売されるパネットーネは、15~20ボリビアーノ(約200円)で発売される見通しとなっていおり、気になるのはその味だったりします。

政府が後押しするコカ葉産業


エボ・モラレス政権は、コカ葉を利用したボリビア産品の開発に力を入れており、コカ葉の国際的な合法化を目指しています。

中でも、コカ葉の産地であるコチャバンバ県のチャパレに本社を持つ「Ebococa社」は、近年、コカ葉の産業利用促進を図るメーカーとして様々な取り組みを進めています。このコカ葉の促進活動の一環として、コカ葉の成分を含んだ新たなパネットーネをボリビア国内で発売することに成ったのです。

アンデス地方の伝統文化、コカ葉


アンデス原産のコカ葉は、インディヘナ(先住民)文化の上で重要な意味を持っています。しかし、コカ葉に含まれるエキスを抽出するとコカインの原料となることから、ボリビアでは法令1008号により、生産や流通が規制されています。

コカ葉入りコーラでも、世界で賛否両論となり物議をかもしていたコカ葉製品。日本では食すこともできないこの製品が、国際世論からどのような形で注目を集め、ボリビアが目指そうとしている「コカ葉産業」がどう指示されていくのか注視していきたいと思います。

【Motta】パネトーネ ドライフルーツケーキ モッタイタリアのおいしいクリスマスケーキ【Motta】パネトーネ ドライフルーツケーキ モッタイタリアのおいしいクリスマスケーキ
販売元:ネスレ

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

スペイン語学習のヒントより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム