スペイン語学習のヒント

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

Photo:Calle 13 By:Jaime Oriz
Photo:Calle 13 By Jaime Oriz

ラテンアメリカ諸国で人気のレゲトン音楽の考察です。

レゲトンとは、カリブ地域で流行したダンスミュージックの事。この音楽の発祥については諸説あり、当ブログの調べでは3つの発祥地の可能性が確認できています。プエルトリコ、パナマ、ジャマイカの3カ国が発祥地の候補となっています。

今回はプエルトリコについて解説します


Lo Que Paso, Paso [CD]

一般説としてレゲトン音楽の発祥はプエルトリコと定義されています。

主たる理由として、レゲトン音楽がラテンアメリカ諸国で注目を集め始めた1990年代、プエルトリコ出身のアーティストが主役でした。特に、ダディー・ヤンキー(Daddy Yankee)は、プエルトリコ出身のアーティストでの中でも群を抜いて支持されており、カリスマ性も強く、レゲテン音楽の中心人物として人々から認識されています。

2005年頃には、日本の音楽チャートにも影響を与えているるので音楽通であれば記憶している方もいるのではないでしょうか。

Lo Que Paso, Paso
Daddy Yankee
Universal

-----
EXCERPT:
ラテンアメリカ諸国で人気のレゲトン音楽の考察です。カリブ地域で流行したダンスミュージックの発祥について調べました。


この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

スペイン語学習のヒントより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメントフォーム