スペイン語学習のヒント

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

2008年も残り3ヶ月未満になってきました。 ラテン諸国では、今年度もっとも注目を集めたアーティストの選定を開始している模様です。来日を実現させたあのアーティストなのか、それともあの長編ドラマの主題歌に採用された新人アーティストなのか。2008年にベストアーティ

もりもり盛りだくさんのラテン音楽をまとめました。 溜まりにたまったラテン音楽情報を一気に放出です。今回は、イチオシ音楽のみこのページで視聴できるようにしてあります。その他の音楽は、リンク先にて視聴してください。 PS:あまりにも掲載したい数が多いと言うか

Photo:Liberación By Diógenes ;) 日本にいると「働かなきゃ!」と思わずにはいられない場面に何度も出くわします。 ところが、ラテン諸国には「働きたくても仕事がないひと」が多々存在しました。でも、仕事がないからといって焦っている人は少なかった気がします。とく

人類の進化は、上図のように「シンプソンファミリー」になるはずだったのです(笑) 世界の政治界にも影響を与えかねないシュールなギャグを連発するアニメ「Simpsons」をみごとに現実世界で再現した映像がありました。 スペイン語放送の番組なので、スペイン語を勉強中

「やれるもんなら殴ってみろ! オレはいつでも相手になってやる」 30歳くらいの男性だろうか、本来なら理性あるはずの大人が声高らかにこんな台詞を叫んでいた。要するに、「喧嘩上等、オレはいつでもお前をぶん殴って潰してやるぞ」と、解釈して良い。まるで、子供の喧嘩

Photo:Taxis By mdid 先日、タクシーに乗りました。 今となっては旧型モデルとなった個人営業のタクシー。 道ばたで手を上げて、偶然止まったタクシーなんですが、乗り込んだ瞬間にとてもラテンな香りがしたのです。 忘れかけていた中米での生活を思い出させるくらいの衝撃

情熱の貴公子と呼ばれたコロンビア人歌手「Juanes(フアネス)」が再び日本にやってくるそうです。5月下旬を予定しており、ファンのためのライブ等が予定されている模様。 ラテンの情熱に恋いこがれたあなた! これが絶好のチャンスとなること間違いなし。 詳しくは続きで

今から10年ほど前、ブラジル音楽を作り上げた巨匠が他界しました。 ブラジルソウルの父、チンマイアです。 56年の生涯に残したぁれ野音楽は絶大な影響力を持っており、今もなお多くのミュージシャンがカバー曲を出すほど。そんな巨匠の音楽を紹介します。

【3月23日 AFP】キューバ音楽の第一人者で「カチャオ(Cachao)」の愛称で親しまれたイスラエル・ロペス(Israel Lopez)氏(89)が22日、米フロリダ(Florida)州マイアミ(Miami)で死去した。ロペス氏の広報が明らかにした。

Photo:Samba #2 QT By dreamsjung ブラジル音楽の名曲をカヴァーする実力バンド「Sambasonic」の紹介します。 主に1960年~70年代のサンバ音楽をカバーしており、確かな演奏力と、ライブで磨きあげられたグルーヴを堪能してみましょう。スッゲーかっこいいです。