スペイン語学習のヒント

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

一見、見事な不法投棄の一瞬として写っているこの写真。 不要になった電車の車両を舟で運び、沖合にクレーンで放り投げている現場なんですが、実は不法投棄ではありません。産業の活性化と環境保護を見事に実現すべく、一大プロジェクトとして海に電車を放り投げているんだ

最近、お引越しをしておりまして、インターネットがない生活になってしまいました。 コンピュータも当然ないんですけど、これが依然経験した僻地の生活のときの状態に非常にそっくりなんですよね。もちろん、日本での生活の話なので生活レベルは、日本レベルです。周囲には

ある知人から「燃える中南米」という本を教えてもらいました。 中南米に特派員として長い期間駐在した経験をお持ちの方で、その経験談をもとに当時の中南米の状況とか、おもしろネタを事細かく紹介している本です。随分、昔に執筆された本で、実は僕もまだ読んだ事が無いん

ニッポンの政権は変わった。正直、ワクワクするような気分にもなってる。 だって、日本の軸となる部分が大きな変化をしたんだよ。 僕がかつて見た中米の政権交代は、何ともぶったまげた変化を伴っていたからさ。 ホント、ワクワクするような気分なんだ。

インターネット上で政権についてとか調べてみる。 そこでは、議論とはちょっと違う内容の物議を醸す光景がPCのディスプレイに映る。 「選挙には行かない」と言う人がいれば、「それでも、私たちは選挙に行くべきだと思う理由」を淡々と述べる人もいたり。 投票日が間近に迫

コスタリカでは、母の日が8月15日にあったそうです。 新聞各社が、こぞって2009年度の母の日イベントの動きとか、プレゼント市場の動き等を報じていますが、どういうわけか、あまりプレゼントの「買い」に走る人が少ないという声がちらついています。 クリスマス等

キューバの前国家元首(国家評議会議長)兼閣僚評議会議長(首相)で政治家、革命家であるフィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス(Fidel Castro, Dr. Fidel Alejandro Castro Ruz)が彼の発言や思想のすべてを詰め込んだ辞典を制作すると発表がありました。

先日「大学でパナマのこぼれ話」をすると予告していた訳ですが、実際に講演してきました。 これまでにも何度かこういった話をする機会ってのはあったんですが、1時間半以上にもかけて一人で話をするってのは今回が初めてのこと。 スライドショーを使ったりしながらプレ

パナマでは、活字離れ以前の問題が起こっているようです。 その原因は、図書館にあるようです。 どうも発展途上国特有の諸問題が絡み合ってパナマ国内にある図書館そのものが魅力のない状態に陥ってしまったのです。日本での図書離れとは異なった、パナマの図書離れ。 パ

パナマの経済は、毎年成長していると言われており、そんな経済成長に後押しされるように見事に増えたのが「違法」な商売です。 違法な商売といっても「アレ」とか「ソレ」とか色々思い浮かぶことはあるんですが、今回はタクシーです。タクシー業界の違法営業の怖さをちょ

2008年に発表されていたものを、今頃入手。 久しぶりに聞くレゲトンが、心を躍らせてくれます。 視聴方法にちょこっとだけ面白い工夫を凝らしました。リンクをクリックすると分かりますよ!

中米にある7カ国、メキシコ、グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、パナマの主要な新聞メディアを色々集めました。 ただ、中米といっても今回は「ベリーズ」を外してあります。ベリーズは歴史的な絡みもあって英語圏の国なんです。ってことで

パナマの大統領が今年度より新しい人になるのでお知らせです。 パナマ最大手のスーパーを経営するリカルド・マルティネリ候補(57)の当選が確実になった。与党、民主革命党(PRD)など2大政党が中心だった既存の政治体制を批判し、治安悪化や経済格差に不満を持つ中低所

スペイン在住の95歳のおばあちゃんが孫と一緒にブログ生活を現役で楽しんでいます。音声での更新がメインのようです。 世界中から注目を集めており、スペイン語圏の各国の新聞社をはじめ、あらゆる所から取材を受けているようです。注目のおばあちゃんを是非! A mis 95

先日、ナゴヤドームで開催された「フラワードームショー2009」の招待券をゲットできたので、見に行ってきました。 とあるブースに明らかに日本人とは異なる雰囲気、むしろラテンの香りさえ漂わせているおじさんが立っていました。スゴくスゴく気になったので、近寄って様子

最近、本屋さんで農業というキーワードを目にすることが多くなった。 特に、ファッション系、生活系、ビジネス系の雑誌が置かれているコーナーに農業を特集している雑誌が数多く並んでいる。世界経済とか食の安全とか色々と世間で議論が交わされるうちに、農業の重要性に気

消防用ホースから出る水を、自ら浴びて大喜び! 2009年もパナマでカーニバルが盛大に開催されています。カーニバルと言えば、ブラジルなんですが、パナマを始め中南米の至るところで、この時期開催されます。写真を見れば分かるように、体中をびしょぬれにする為に人が行列

Photo:Street By Diego Cambiaso イタリアの現地有力紙が、近年、イタリア国内で目立つ「引きこもり」を特集しています。 イタリアの引きこもりも日本と同様で、「昼は寝て、夜に冷蔵庫をあさり、インターネットと漫画だけの生活」と、インターネット社会の発達が引き金にな